Iの悲劇/米澤穂信

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


一度死んだ村に、人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命だ。人当たりがよく、さばけた新人、観山遊香。出世が望み。公務員らしい公務員、万願寺邦和。とにかく定時に退社。やる気の薄い課長、西野秀嗣。日々舞い込んでくる移住者たちのトラブルを、最終的に解決するのはいつも―。徐々に明らかになる、限界集落の「現実」!そして静かに待ち受ける「衝撃」。これこそ、本当に読みたかった連作短篇集だ。



◆感想


 テーマが重いので読んでいて楽しい気分になれなかったのと
 全体の仕掛けが結構最初の方で予想ついちゃって「あぁ、やっぱり」だったので
 個人的には微妙でした。

 とはいえ、客観的に見れば完成度は高いと思います。
 各章ごとに(小粒ではありますが)謎解きがあり、文書のテンポも良いので、
 それなりに読み応えがありつつ、サクサク読み進められます。
 そして終章で物語全体が1つになる構成です。
 ただの連作短編が1つの長編になります。

 好きな人は好きなんじゃないですかね。
 Iターンの厳しい現実とか役所職員の板挟みっぷりとかに
 心理的なダメージを喰らわない人は、どーぞです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は計画的に寝坊して、起きたら12時でした。
 以前13時に起きたときは負けた気がしましたが、
 今日は計画的なので大丈夫です(−−)☆

 世間的には既に半分終わりましたが、
 私にとっては、これから1日が始まります。

 ガッツリ満喫しまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:米澤穂信
posted by ササキマコト at 13:35 | 小説