カエルの小指 a murder of crows/道尾秀介

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「久々に、派手なペテン仕掛けるぞ」詐欺師から足を洗い、口の上手さを武器に実演販売士として真っ当に生きる道を選んだ武沢竹夫。しかし謎めいた中学生・キョウが「とんでもない依頼」とともに現れたことで彼の生活は一変する。シビアな現実に生きるキョウを目の当たりにした武沢は、ふたたびペテンの世界に戻ることを決意。そしてかつての仲間――まひろ、やひろ、貫太郎らと再集結し、キョウを救うために「超人気テレビ番組」を巻き込んだド派手な大仕掛けを計画するが……。



◆感想


 『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』の続編です。
 物語自体は独立しているので本作単体でも楽しめますが、
 ちょいちょい前作の内容を匂わせてきますし、
 登場人物同士の関係性を知っていた方がより楽しめます。
 できれば前作から読んであげてください。

 個人的には前作の方が受けたインパクトは大きいのですが、
 本作も面白かったです。
 ちょっとした疑問が生じる→次の章あたりで解決する、の流れが続くので、
 中断するタイミングが見つからず、一気読みでした。

 決して明るい話ではないので好みは分かれるかもしれませんけどね。
 切なくも痛快な物語で、私は楽しめました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は書くことが思い浮かばないので
 久しぶりに踊って誤魔化すことにします。

 よっヾ(−−ヾ)

 ほっ(ノ−−)ノ

 はぁ!\(−−)/

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 10:57 | 小説