ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 4)/藤子・F・不二雄、ジャレックス

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


日本文と英文との並列表記でわかりやすく、その上、自然な日常会話の英語表現が勉強になると評判です。今回は、「オオカミ男クリーム」を始め、「とりよせバッグ」「ゆうれいの干物」など、計18作品を収録!



◆感想


 アイ ライク ドラえもん。

 ドラえもん イズ ベリー オモシロイ。

 いえー!\(≧▽≦)/

 私の英語力は、そんな感じです(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、過去の自分に盛大に騙されました(ノ∀`)

 結構前に私が作ったシステムなのですが、
 データベースに接続するときに使うパスワードが
 設定ファイルに書いてあってですね。

 当時の私は「パスワードが、そのまま見えたら危ないよね」と考えたらしく、
 設定ファイルに書かれたパスワードに対して特定の操作をやったものを
 実際のパスワードとして使っていました。
 例えば、設定ファイルに書いてあるパスワードが「piyo」だとしたら、
 すべてのアルファベットを1つずらして
 「qjzp」が本来のパスワード、みたいな感じです。

 これを、すっかり忘れていてですね(−−ゞ

 画面からデータベースの操作をするときに、
 設定ファイルに書いてあるパスワードをそのまま入れて
 「あれ?パスワードが違うって怒られるぞ?(−−;」と悩んでしまいました。

 一瞬、過去の自分に対して「分かりやすく書いておけよ!」と思いましたが、
 分かりやすく書いておいたら、そんな処理を入れている意味がなくなりますからね。
 悩ましいところです(−公−)

 今日のお話は「利便性と安全性は両立しがたいことがある」というテーマでした。

 ちなみにドラえもんは便利なやつですが、
 安全なやつではありませんよね。

 「地球はかいばくだん」をはじめとして、
 ガチの武器をその身に仕込んでやがりますから。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 14:09 | その他