崩れる脳を抱きしめて/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会う。外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる碓氷。心に傷をもつふたりは次第に心を通わせていく。実習を終え広島に帰った碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。彼女はなぜ死んだのか?幻だったのか?ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜山手を彷徨う。そして、明かされる衝撃の真実!?希代のトリックメーカーが描く、今世紀最高の恋愛ミステリー。



◆感想


 本書の登場人物と似たようなことになった知人がいるので
 若干「ぬぬぬ(−公−;」となる部分はありましたが、
 基本的には面白かったです。

 見方によって、ボーイ・ミーツ・ガールだったり、ミステリーだったり、
 医療ものだったりします。
 どう捉えるかによって感想は変わってくると思います。

 全体としては切ない系ですかね。
 悲恋ものっぽい話が好きな人は楽しめるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、12月23日です。
 天皇誕生日じゃなくなったので、今年は平日なのですよね。

 うっかり出勤するのを忘れちゃったおっちょこちょいさんや
 うっかり出勤するのを忘れちゃった振りをしてサボった策士もいるのでしょうか。

 まぁ、うっかりしちゃった人もドンマイです。
 あと1週間もすれば「去年の出来事」になるので、
 それまで耐え忍びましょう(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 09:34 | 小説