逢魔が刻 腕貫探偵リブート/西澤保彦

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


神出鬼没の公務員探偵「腕貫さん」を“だーりん”と呼び慕う、美貌の女子大生・住吉ユリエ。同級生の小泊瀬海人から「親族が関わった殺人事件を題材にミステリ小説を書いてみたい」と相談され、大乗り気でストーリー作りに着手するが―(「ユリエの本格ミステリ講座」)。鳥遊葵、阿藤江梨子、安達真緒、水谷川刑事etc.…お馴染みの面々も四年ぶりに集結。腕貫シリーズのホームタウン櫃洗市で続発する、禍々しくも珍妙な事件を描いた連作ミステリ!



◆感想


 内容自体は面白かったのですが……う〜ん(−−;

 1話50ページ前後の短編が4編収録されています。
 「腕貫探偵リブート」と銘打たれてはいますが、
 腕貫さんが登場するのは最後の話だけでした。
 それ以外の3話のうち、2話はユリエさんが主役(?)で、
 残りの1話は実質的に腕貫探偵と無関係でした。

 個人的には腕貫探偵と無関係な話が一番面白かったです。

 普通のミステリーとしては満足していますが、
 ちょっと腕貫探偵としての要素が弱いように感じました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、正月三が日が終わりましたね。
 世間のお正月気分も、そろそろ終わりでしょうか。
 スーパーのお正月ぼったくり価格も終わると良いなぁ(ノ∀`)

 実は、ですね。
 お正月から勉強している人が結構多くて驚いています。

 1月1日に『わわわIT用語辞典』を見てくださった人が、
 何だかんだで1万人を超えていたりするのですよ。

 もちろん普通の日よりは少ないのですが、
 勉強している人の多さに驚愕しています。

 みんな、すっげー!Σ( ̄◇ ̄;

 ということで「自分も頑張らなくっちゃ(−−;」な気分が
 ちょっとだけ湧いています。

 私も(無理だけしないで)頑張ろっと(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 14:08 | 小説