楽園島からの脱出/土橋真二郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


高校生活最後の夏休み。無人島に集められた100人の男女が島からの脱出を目指して競い合う。ゲーム名【ブリッツ】── 鍵を握るのは、自身とペアの“価値”!? そして、女性だけに与えられた謎の機器の持つ意味とは──? 「極限ゲームサークル」 から“変わり者”として要注意される主人公の沖田瞬は、このゲームの本質にいち早く気づくが……。土橋真二郎が贈るノンストップ《ゲーム》小説新作スタート!



◆感想


 お久しぶりのハッシュ王子……もとい、土橋真二郎さんです。
 いかにもなデスゲームを予想していたせいか、
 土橋さんの作品にしてはマイルドな気がしました。

 いつも通りのノリですけどね。
 スプラッタな感じがありませんでした。

 あと、完全に続き物っぽい感じで終わっています。
 可能であれば次の巻も手に入れてから一気読みした方が良いと思います。
 私は既に入手済みなので、これから読みます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、世の中では今日から普通の平日ですね。
 2020年の仕事始めになる人も多いのでしょう。

 私は、のんびりします(−3−)y−〜

 世間の人たちが「あぁ、ついに仕事が始まる(´・ω・`)」となっているのを尻目に
 のんびり優雅に横浜B級グルメ食べ歩きとかしちゃいます(−∀−)

 そのために土日は頑張りました(−−)☆

 世間が休みのときは仕事を頑張りたくなり、
 世間が仕事のときは休みたくなるのです。

 我ながら天邪鬼だな〜と思います(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:土橋真二郎
posted by ササキマコト at 01:14 | 小説