虚構推理/城平京

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


巨大な鉄骨を手に街を徘徊するアイドルの都市伝説、鋼人七瀬。人の身ながら、妖怪からもめ事の仲裁や解決を頼まれる『知恵の神』となった岩永琴子と、とある妖怪の肉を食べたことにより、異能の力を手に入れた大学生の九郎が、この怪異に立ち向かう。その方法とは、合理的な虚構の推理で都市伝説を滅する荒技で!?驚きたければこれを読め―本格ミステリ大賞受賞の傑作推理!



◆感想


 良い意味で期待を裏切られました。
 タイトルの印象からミステリーだと思って読んだのですが、
 ミステリーというよりは妖怪もので裁判ものでした。

 理屈っぽい話が苦手な人は、いまいちに感じるかもしれません。
 論理を積み重ねて目的を達成する話なので、好き嫌いは分かれると思います。
 たとえば円居挽さんの『丸太町ルヴォワール』とかが楽しめる人は
 本作も楽しめるはずです。

 個人的には、後半で少し飽きが来ましたが、全体的には楽しめました。
 続編も出ているようなので、機会があれば読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日、一昨日と何気に頑張ったので、
 今日はご褒美デーにします。

 のんびりするぞー!\(≧▽≦)/

 自分で言うのもなんですが、私はモチベーションによって
 作業効率がメッチャ変わるタイプなのです。

 さらに、週5日、1日8時間働くよりも、
 週2日だけ1日20時間働いて残り3日は何もしない方が好みです。

 ということで、今日は全力でグータラします。

 明日への活力を養うためにっ(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:城平京
posted by ササキマコト at 09:30 | 小説