マンガでわかる「すぐやる人」と「やれない人」の習慣/塚本亮

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


高校3年生の担任にはじめてなった亜紀。個性あふれる生徒たちの進路指導や学校行事や雑務に追われ、何事も中途半端に…。そんな亜紀や周りの生徒たちが日々成長し、結果を出せるようになったのは、すぐやる習慣だった。



◆感想


 マンガだったので読んでみました。
 私は元々すぐやるタイプですけどね(−3−)y−〜

 以前は先延ばしにすることも少なくなかったのですが、
 すぐにやった方が得だったり楽な場合が多くてですね。
 「すぐやった方が得じゃん!」というのが実感として感じられるようになったら
 自然に先延ばしの癖がなくなった気がします。

 話を本の話に戻して、先延ばしの癖をなくしたい人は読んでみても良いと思います。
 これを読んでも、すぐに行動が変わることは、ないかもしれませんけどね。
 意識を変えるきっかけには、できるはずです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は頑張るデーにします。

 ちょうど雨が降っていて外に出るのが億劫なので、
 1月分のお仕事をサクッと片付けることにしました(−−)☆

 ということで、今日はこの辺で(−−)ノシ

スポンサーリンク

タグ:塚本亮
posted by ササキマコト at 07:51 | ビジネス書