晴れた日は謎を追って がまくら市事件/伊坂幸太郎、大山誠一郎、伯方雪日、福田栄一、道尾秀介

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


不可能犯罪ばかりが起こる街、蝦蟇倉市。賑やかな商店街や老婦人が営む和菓子屋があり、いわくつきの崖や海を望むホテルがあるこの街は、一見のどかなようで、どこかおかしい。蝦蟇倉警察署には“不可能犯罪係”が存在し、スーパーの駐車場では怪しい相談屋が事務所を開いている。この街の日常は、いつも謎に彩られている。第一線で活躍する作家たちによる、不思議な街の道案内。



◆感想


 道尾秀介さんの作品が気になって買ったのですが……あれ?
 これ、読んだことがあるな(´・ω・`)

 『いけない』に収録されているやつでした。

 ということで、ちょっと残念な部分もありましたが、
 他の作家さんの作品も面白かったので良しとしています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、1月分のお仕事が終わりました。
 2月1日に1つの山場となる作業があるのですが、
 今日、明日はボーナスタイムです。

 ということで、用もないのにビジネスホテルに宿泊して、
 少しだけデキるビジネスマンごっこをしつつ、
 まったり読書と横浜グルメを楽しもうかと思っています(−m−)ぐふふ

 のんびりするぞー!ヾ(´∀`)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 02:38 | 小説