コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙/村山早紀

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


千花が幼い頃、隣家の庭に不思議なポストがあった。そこに手紙を入れると、なぜか空の上の「あの人」から返事がくる。結婚を控え故郷を離れようとしている千花は、もう一度だけ優しい手紙を読みたくなって。知らぬ間に見守ってくれていた温かなまなざしの物語、「小鳥の手紙」。春の風早の街を舞台にした二話と、話題作『百貨の魔法』の番外編を収録。大切な探しものが見つかる不思議なコンビニたそがれ堂、大人気シリーズ第7弾!



◆感想


 なんだかんだでシリーズ7作目です。
 きっと人気があるのでしょうね。

 このシリーズは安心して読めるから好きです。
 本作も優しい気持ちになれました(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、突然スマホがウンともスンとも言わなくなりました。

 朝、起きたら画面が真っ暗になっていてですね。
 電源ボタンを押しても反応がないし、
 充電コードを挿しても反応がないしで
 困ってしまいました。

 結局、電源ボタン長押しで復活したのですけどね。
 焦りました(−。−)ほっ

 ちなみに原因は多分ウイルスセキュリティソフトです。
 いつもは動いているウイルスセキュリティソフトが動いていなかったので、
 こいつが異常終了して、その影響で何かがおかしくなっていたのだと思います。

 まぁ、ちゃんと復活したし、その後は頑張ってくれているので
 今回は不問にしましょう(−−)

 次に私を焦らせたら、機種変更も視野に入れるからなっ。

スポンサーリンク

タグ:村山早紀
posted by ササキマコト at 08:46 | 小説