ブラック・ユーモア傑作選

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ブラック・ユーモアの第一人者が、楽しみながら選んで贈るこの一冊。



◆感想


 バラエティに富んだ作品集で楽しませていただきました。
 読んだことがない作家さんの作品も多く、新鮮さがありました。
 一口に「ブラック」と言っても、いろいろな読み味がありますね。

 個人的には和田誠さんの『おさる日記』が好みでした。
 さり気なく切れ味鋭いオチが良い感じです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今朝は「ブオーン、カタカタカタ」という音で目を覚ましました。
 誰かが電動髭剃りを使っているような、あるいは何かの工事をしているような
 そんな音です。

 うるさいなぁ(−−ゞと思いながら起きたところ、
 犯人は我が家の冷蔵庫さんでした(−−;
 どうやら暴走状態に入っているようです。

 ファンが何かに引っかかっているようなガラガラ音なのですが
 別に霜とかもついていないし、急にどうしたんだろ(−−?

 「寿命かなぁ」と思いつつ、あれやこれやとやっていたところ……
 直りました\(−−)/

 よく分からないけど、冷凍庫の奥側の壁(ファンが付いているところ)を
 ギューッと力いっぱい押したら音が止まりました。
 本当に直ったのかは知りませんが、とりあえず動いているので良しとしています。

 ちなみに我が家の冷蔵庫は、大学に入学するときに買ってもらったやつです。
 つまり、20年以上頑張ってくれています。

 そろそろ寿命が近い気はするのですよね。
 たまに冷やすのをサボってたりするし。

 とはいえ、何気に愛着があったりもするので
 致命的に壊れるまでは頑張ってもらおうと思います。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:40 | 小説