スフィアの死天使: 天久鷹央の事件カルテ/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


外科医を辞め、内科医としての修業を積むべく、天医会総合病院の門を叩いた小鳥遊優は、そこで運命的な出会いを果たす。天久鷹央。空気を読めず、人とのコミュニケーションに難がある彼女は、しかし日本最高峰の頭脳を持つ天才女医だった―。宇宙人による洗脳を訴える患者。謎の宗教団体。そして、院内での殺人。鷹央と小鳥、二人の出会いを描いた長編メディカル・ミステリー。



◆感想


 なるほど。
 『天久鷹央の推理カルテ』シリーズは連作短編でしたが、
 『天久鷹央の事件カルテ』シリーズは長編なのですね。

 本作は時系的には一番古いです。
 主人公とヒロインの出会いのエピソードでした。

 そのため、この作品からシリーズに入っても問題ありません。

 一方で、過去作で匂わされていたあれやこれやのエピソードが
 本作に収められています。
 刊行順に読んでいる方は、種明かし的な楽しみ方ができると思います。

 シリーズの中ではページ数が多い方ですが一気読みでした。
 面白かったです(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、麦ご飯が美味しいです(*´ェ`*)

 外食をしなくなったので、お家でご飯を炊くことが多いのですが、
 もち麦だか押し麦だかを入れて炊いています。

 普通の白米だけのご飯と比べて若干もそもそした食感はありますが、
 カレーとか麻婆豆腐とかのご飯にかける系との組み合わせが良い感じです。

 私が固めのご飯が好きだからかもしれませんけどね。
 私の中で、麦ご飯ブームが到来中です。

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 02:03 | 小説