SNOOPY COMIC ALL COLOR 90's/チャールズ・M・シュルツ、谷川俊太郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


世界中で大人気のスヌーピーは、作者チャールズ・M・シュルツさんが1950年~2000年の間、新聞に連載していた作品『ピーナッツ』のキャラクター。本書は、1990年~2000年のサンデー版の中から90本を厳選し、装い新たにオールカラーでお届けする、よりぬきスヌーピーコミック。デイリー版に比べて8コマ~10コマと長編になっているので、スヌーピーやチャーリー・ブラウンをはじめ、登場人物の個性がより豊かに描かれています。本書には、感動の最終回を収録しています。



◆感想


 対訳付きの英語マンガです。
 実はスヌーピーって、キャラは知っていますが、読んだことがなくてですね。
 英語に触れるついでに読んでみようと思ったのです。

 そんな経緯で手に取ったのですが、なんか奥深かったです。
 笑えるジョークから考えさせられる哲学的な内容まで
 幅広く載っていました。

 時間を忘れて読みふけるくらいには楽しめました。
 他にも何冊か出ているようなので、時間を見つけて読んでみます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近はWeb広告を見るのが密かなマイブームです。

 普段は広告が出てくると鬱陶しく感じるのですけどね。
 今は「このご時世に広告を出せるのは、どんなジャンルなのかな?」とか思いながら
 YouTubeの動画広告だったり、ブログに貼られている広告だったりを眺めています。

 ……ここから話を膨らませようと10分くらい考えたのですが
 特に思いつきませんでした。

 ということで、今日は、この辺で(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 02:19 | その他