第三の時効/横山秀夫

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾。



◆感想


 面白かったです!

 漢字が多くて、ページ数も多くて、私が得意ではない警察ものなので
 「読むのが大変そうだな〜(−−;」と思いつつ読み始めましたが、
 読み応えがありつつ、スルスル読めました。
 一気読みです。

 この感覚は貴志祐介さんの作品を読んだときに近いですね。
 貴志祐介さんの作品も、パッと見では鈍器に使えそうな分厚さだったりするのですが、
 時間を忘れて一気読みできちゃう作品が多かったりします。

 「よし!他のやつも読んでみよう!」と思うくらいには気に入りました。
 機会を見つけて、他の作品も読んでみます。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、楽天スーパーセールなるものが開催されていますね。
 この機会に私も、いろいろ買いました(−−)☆

 一番たくさん買ったのは本ですが、
 他にも歯ブラシやタオルなどの消耗品、Tシャツ、
 自分へのご褒美用の食べ物などを買っています。

 いろいろ買った中、今回の目玉商品は……ルタオのチーズケーキ!\(≧▽≦)/

 ついにお取り寄せしてしまいました(*´ェ`*)
 何気に自分で(自分用に)買うのは初めてだったりします。

 届くのが今から楽しみです(−q−)じゅるり
 贅沢に1ホール丸ごとパクつきまっす(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:横山秀夫
posted by ササキマコト at 06:22 | 小説