罪人の選択/貴志祐介

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「夜の記憶」―『十三番目の人格―ISOLA―』『黒い家』の本格デビュー前に書かれた貴重な一編。貴志祐介ワールドの原点!「呪文」―『新世界より』の刊行後ほどなくいて発表された短編。惑星「まほろば」で何かが起きている…。「罪人の選択」―「罪人」の前に出されたのは、一升瓶と缶詰。一方には猛毒が入っている。果たして正解は?「赤い雨」―新参生物のチミドロによって、地球は赤く蹂躙された。スラム出身の瑞樹はRAINの治療法を探る。最新SF!



◆感想


 短・中編が4編収録されています。

 「夜の記憶」は、個人的にはイマイチでした。
 雰囲気を楽しむ作品だと思います。

 「呪文」は面白かったです。
 信仰の狂気も感じられましたし、オチも好みでした。

 「罪人の選択」は一番好みでした。
 さすがはタイトルにしているだけあるね!という感じです。

 「赤い雨」は、いろいろと考えさせられました。
 タイムリーな話題だと思います。

 全体を通しては、読んで良かったです。
 最初は微妙でしたが、読み進めるにしたがって止まらなくなりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、住民税の支払い通知が来ていたので払ってきました(−公−)

 住民税を支払うことに対して不満があるわけではないですし、
 仕方がないことだというのは理解していますけどね(−公−)

 うん十万円の現金が一気に出ていくのですから、
 やっぱり、こんな顔→(−公−)になります。

 住民税をやっつけたことにより、残すはラスボス国民健康保険のみとなりました。
 こいつの支払いが終われば、公的な大きい出費は終わりです。
 あとはレンタルサーバ代くらいかな(−−ゞ

 新型コロナの影響もあり例年よりも貯金が削られていますが、
 後半戦(7月以降)でまた増やしていこうと思います。

 ちなみに「新型コロナの影響」は、収入が減ったというのもありますが、
 通販の魅力を知っちゃったからです。

 お手軽に買えて便利ですよね〜。
 楽天スーパーセールと重なったのもあって、
 ポチる機会が多くなってしまっています(^^ゞ

スポンサーリンク

タグ:貴志祐介
posted by ササキマコト at 13:20 | 小説