だれかさんの悪夢/星新一

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


しょーとしょーと。



◆感想


 一部、面白さが分からない作品もありましたが、
 全体的に楽しめました。

 結末に向けて一捻りしてある作品がほとんどで、
 ミステリー的な面白さが感じられます。
 隙間時間にチマチマ読むつもりだったのですが、
 気が付いたら一気読みしていました。

 ちなみに、一番印象に残っているのは「だまされ保険」です。
 現実離れしているのに現実味があって、その発想力に感嘆しました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2020年の下半期が始まりましたね。
 本来であれば月初はガーッ!と頑張るのですが
 今月はまったり気味に過ごしています。

 というのも、今月は成果を追わないことにしたからです。
 その代わり、いくつか実験的な試みをします。

 個人的に、実験的な試みをするときには成果を求めないことにしているのです。

 「成果を出すぞ!」と意気込んでやると、成果が出ないときにガッカリします。
 そうすると次にチャレンジするのがイヤになっちゃうのですよね。

 そこで「このやり方は、どうかな?」と「検証すること」を主目的にすることで
 成果が出ないときの心理的ダメージを軽減するのです。

 まぁ、基礎研究みたいなものですかね。

 利益につなげることを強く意識すると
 基礎研究に労力は割けないじゃないですか。

 でも、基礎研究をおろそかにすると、
 将来の可能性が先細りになりかねません。

 それと同じ感じです。
 今月は、成果を追わない代わりに今後を見据えて、いろいろ試してみます(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:星新一
posted by ササキマコト at 04:00 | 小説