座敷童子の代理人6/仁科裕貴

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


遠野の旅館「迷家荘」には妖怪をはじめ、いろんな人が集まる。それは京都に住む妖怪退治のスペシャリスト「陰陽師」もご多分に漏れず…。近頃、占い師として有名な陰陽師・久我凪人。彼とその弟の綾斗が遠野にやってきたと同時に起き始める奇妙な事件。司貴・座敷童子のコンビは、「鎌鼬」や「式神」の問題に関わることで陰陽師兄弟が抱える悩みを知るのだが!?遠野と京、人と妖怪、そして陰陽師―意外な接点を持つ“あの人物”も登場する新章“遠野・陰陽師 編”開幕!



◆感想


 新シリーズが始まりました。
 陰陽師が出てきたことで世界観が広がった気がします。

 しかも!

 今までは一冊ごとに話が完結していたのですが、
 本作は次巻への引きみたいなものがありました。

 一応、本作で起こった事件自体は解決していますけどね。
 きっと、何巻かで1つの大きな物語になるのでしょう。

 「あ〜楽しみ(*´ェ`*)」と思う反面、
 先が気になってヤキモキします。

 何気に次の巻も買ってあるので、早速、読んでみます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日はちょっと予定より頑張ったので
 今日はダラダラ過ごします(−−)☆

 今から、寝るぞーーーーーー!\(≧▽≦)/

 飽きるまで、寝るぞーーーーーー!\(≧▽≦)/

 ということで、完全に昼夜逆転しています(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:仁科裕貴
posted by ササキマコト at 06:45 | 小説