夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神/水野敬也

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


自分、今の生き方やったら死ぬときめっちゃ後悔するで。



◆感想


 相変わらずシリアスとギャグの切り替えが激しくて
 ジェットコースター(ド・ドドンパ)みたいな作品でした。
 基本的な構成やノリは前作までと同じです。
 前作までを楽しめた方なら、本作も楽しめるはずです。

 本作単体でも普通に読めますが、可能であれば刊行順に読んであげてください。
 微妙にネタバレしてしまいますが、本作で出てくる死神は
 『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』で出てきた死神です。
 それを知った状態で読んだ方が笑えると思います。

 あと、本作のテーマは「死」です。
 また、夢を「かなえる」だけではなく
 「手放す」ことについても触れられています。

 個人的には、頷ける部分も頷けない部分もありましたが、
 全体としては楽しめました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、楽天ブックスさんで新刊を10冊くらいまとめ買いしました。
 1日、2日で届くし、便利ですね。
 欲しい物が決まっているときは、オンライン通販の便利さがありがたいです。

 一方で、オンラインだと「意外な出会い」的なやつが少ないのですよね(−−ゞ

 実際の本屋さんだと、POPや表紙などが目の隅に引っかかって「む!」となったり、
 ふらっと寄った新刊コーナーで「おっ!この著者の新刊が出てる!」となったり、
 面白そうな本があったときに少し立ち読みして買うか買わないか決められたり、
 宝探し的なワクワク感があります。

 ということで、新型コロナが流行り出してからは
 オンラインショップで買う頻度が上がっていますが、
 実際には、新刊は本屋さんで買いたい派だったりします。

 実店舗の書店経営は厳しいらしいですが、
 なんとか頑張ってもらいたいものです。

スポンサーリンク

タグ:水野敬也
posted by ササキマコト at 04:59 | ビジネス書