ようこそ地球さん/星新一

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


文明の亀裂をこじあけて宇宙時代をのぞいてみたら、人工冬眠の流行で地上は静まりかえり、自殺は信仰にまで昇華し、宇宙植民地では大暴動が惹起している――
人類の未来に待ちぶせる悲喜劇を、皮肉げに笑い、人間の弱さに目を潤ませながら、奇想天外、卓抜なアイデアをとりまぜて描いたショートショート42編を収録。現代メカニズムの清涼剤とも言うべき大人のための寓話集です。



◆感想


 面白かった……というか考えさせられました。
 特に「殉教」が記憶に残っています。
 死生観に関する話ですが、ある種の皮肉が利いていて良かったです。

 もちろん他の話も面白かったですけどね。

 何気に星新一さんの作品は買いだめしてあるので、
 少しずつチマチマと読んでいこうと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、まだ夏が終わった感じはありませんが、
 夜は大分涼しくなったので深夜のお散歩を再開しました。

 ただし、油断はできません(−−)b

 この時期は、天寿を全うしかけているセミさんが
 たまに地面にいらっしゃるわけです。

 幸い、私の足裏がトドメを刺したことはありませんが、
 ぼーっと歩いていると突然ビビビビビ!という音が鳴り響くのでビビります。

 マジで心臓に悪いっす(−−;

 ちなみに、夏の終わりに道路にひっくり返っているセミさんのことを
 「セミファイル」と言うそうです。

 不謹慎ながら笑ってしまいました(ノ∀`)
 考えた人のセンスの良さに脱帽です。

スポンサーリンク

タグ:星新一
posted by ササキマコト at 04:14 | 小説