神話の密室 天久鷹央の事件カルテ/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


アルコールが一滴もないはずの閉鎖病棟で泥酔を繰り返す人気小説家。キックボクシングのタイトルマッチ、勝利の瞬間にリングで死亡した王者。かたや厳重な警備の病院で、こなた千人以上の観客が見守る中で。まるで神様が魔法を使ったかのような奇妙な「密室」事件、その陰に隠れた思いもよらぬ「病」とは?天才女医・天久鷹央が不可能犯罪に挑む。現役医師による本格医療ミステリ!



◆感想


 トリックに医療ネタが関わっていて謎解きはサッパリでしたが
 面白かったです。

 巻が進むに従って、鷹央先生が丸くなってきた気がします。
 それに伴い、小鳥先生を振り回す役どころは舞ちゃんになってきました。
 ある意味、様式美のようになっているじゃれあいですが……
 舞ちゃんはビックリするくらい優秀ですね(−−;

 脇役で目立った活躍は少ないですが、
 ちょっとしたやり取りから優秀さが感じられます。
 とある飲み会の前に(小鳥先生のために)生理食塩水を用意するあたり
 分かっています。

 そんな感じで、悪く言えば代わり映えしないいつも通りでしたが、
 そのいつも通り感が良かったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、大人になるって悲しいですね(ノ∀`)

 シャウ〇ッセンを買ったのですよ。
 あれって、2袋で1セットになっているじゃないですか。
 あれを2袋とも開けて、フライパンでジュージューやっていたのです。

 そんなときに、ふと学生時代を思い出しましてね(−−)

 学生のときは、まずシャ〇エッセンを買うのに勇気が必要でした。
 あれって数百円するじゃないですか。
 数百円あれば、カップラーメンが3つ買えます。
 つまり、3食まかなえるわけです。
 その3食分の食費を片手で持てる大きさのウインナーにつぎ込む時点で
 清水の舞台から飛び降りる覚悟が必要でした。

 さらに!

 食べるときは絶対に1袋ずつです。
 2袋一気に開けるなんて、あり得ません。

 そんなリーズナブルな学生時代だったので、
 2袋ともフライパンでジュージューやることに抵抗がなくなった自分に
 成長を感じると共に少し寂しさを覚えています。

 シャ〇エッセンのお味は、もちろん今でも美味しいですが、
 学生時代の方が美味しく感じられました(−−)

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 07:40 | 小説