屍(し)の命題/門前典之

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


とある湖畔の別荘に集められた6人は、やがて全員が死体となって発見された。なぜか死亡時刻も死因もバラバラだった。「犯人」は何を意図していたのか。究極の「雪の山荘」ミステリついに刊行。



◆感想


 あらすじが面白そうだったので読んでみました。
 『そして誰もいなくなった』のオマージュかな(−−?

 読んでみた感想ですが……あっはっは(≧▽≦;)

 な、なんだろう。
 面白かったですよ、うん。
 面白かったです(ノ∀`)

 個人的には、このような挑戦的な作品は結構好きだなぁ(ノ∀`)

 あとからインターネットで調べたら
 バカミスとして有名な作品でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、個人的に嬉しいことがあったのですが、そのお陰でしょう。
 やる気の神様がいつになくやる気を出しています。
 「バッチこーい!(ノ ̄д ̄)ノ」な気合が、いっぱいです。

 ただ、いかんせん、身体がついてこなくてですね。
 眠い(つд−)

 ということで、やる気の神様には我慢していただいて
 今日は多めに寝ることにします(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

タグ:門前典之
posted by ササキマコト at 15:12 | 小説