6つの作品をめぐる知的冒険が「ものの見方」を一変させる!大人たちもいま熱狂的に受けたい授業!!/末永幸歩

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


6つの作品をめぐる知的冒険が「ものの見方」を一変させる!大人たちもいま熱狂的に受けたい授業!!



◆感想


 芸術関係は、普段は触れない分野なのですが、
 だからこそ知らないことばかりで面白かったです。

 絵の鑑賞とかは、知識の有無で見る観点や感じ方が変わり、
 それによって作品に対する印象も変わるのだなぁ、と思いました。

 例えば、ガラスコップが飾られていたとして、
 何も知識がない状態で見れば普通のガラスコップですが、
 それが「世界で初めて作られたガラスコップ」だと知っている状態で見たら、
 そのガラスコップに対する印象も変わってくるじゃないですか。

 それと同じで、いろいろな知識がある状態で作品を鑑賞したら、
 より楽しめるのかな?と思いました。

 後半は「アートとは何ぞや?」みたいな話題になっていきますが、
 うん、哲学っぽい(−−)
 一言で定義できるものではなく、時代背景や個々人の解釈によって
 変わってくるものなのでしょう。

 個人的には「13歳には少し難しくない?」という気もしましたけどね。
 本書に書かれているような内容を頭に入れた上で美術(芸術)に触れたら、
 より楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は気力体力回復デーです(−−)

 のんべんだらりとグータラして
 明日からの元気を蓄えます(−−)ノ

 (−−)Zzz・・

スポンサーリンク

タグ:末永幸歩
posted by ササキマコト at 16:08 | その他