できそこない博物館/星新一

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ある日、発見された正体不明の物体。ナメクジのような形のこの物体は、一体何のために作られたのか―ショートショート1001編を達成した著者が20年以上にわたって書き溜めたアイデアのかけらたち。スペース・オペラから時代物、薬や酔っぱらいまで。誰にも見せたことのない創作メモ155編を公開し、発想の苦悩や小説作法を明かす。神様の頭が垣間見られる、とっておきのエッセイ集。



◆感想


 ちょっとビジネス書寄りかな?
 エッセイ集です。

 いつものショートショートとは違いましたが
 これはこれで面白かったです。

 あれだけの作品を量産した方の思考が垣間見えて
 興味深く読めました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、すっかり夜型生活に戻りました。

 夜型生活のときは、午前1時くらいから朝の5〜7時くらいまでが
 勝負の時間帯だったりします。

 この時間帯でその日にやるべきことを全部終わらせられれば
 残りの時間はボーナスタイムですからね。
 かなり余裕をもって過ごせます。

 ということで、今日も頑張りまっすp(−−)q
 日が昇るまでには終わらせるぞー!(≧д≦)ノ

スポンサーリンク

タグ:星新一
posted by ササキマコト at 01:57 | その他