レフトハンド・ブラザーフッド/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


左手に宿る“兄”と俺。奇妙な2人の逃避行が始まる―ある事故以来、左手から死んだ兄・海斗の声が聞こえるようになった岳士。家出した2人は殺人事件に巻き込まれ、容疑者として追われるはめに。濡れ衣を晴らそうと奔走する岳士と海斗だが、怪しいドラッグ「サファイヤ」、そして美しい彩夏との出会いで“兄弟”の思惑はすれ違いだす…予想不可能のラスト、切ない衝撃に涙があふれる。



◆感想


 ん〜……。

 450ページくらいあるのを一気読みできたので
 決して面白くなかったわけではないのですが……
 なんか微妙に消化不良気味です(−−ゞ

 「なんと!そーゆーことか!Σ( ̄◇ ̄;」と思う部分もあったけど
 「うん、バレバレだった(−−)」と思う部分の方が多かったからかな。

 別に「ここがイマイチ」とかがあるわけではないのですけどね。
 「もう一声!おかわり!」と言いたくなるような読後感でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は4連休だったのですね。
 オリンピックの影響で祝日が移動しているようですが
 私はオリンピックに興味がない上に
 平日・休日で特に生活が変わらないので
 何の影響もなかったりします。

 あー、でも食料の買いだめはしてないなぁ(−−ゞ
 休日は出歩く人が増えるので、スーパーに行くのもイヤなのですよね。
 仕方がないので、この連休は、何故か大量にストックされている
 ソーメンでも食べて過ごすことにします。

 ソーメン、食べた量の割りにお腹が膨れないからあんまり好きじゃないけど
 仕方ないっすね(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 03:41 | 小説