仕事ごっこ ~その“あたりまえ"、いまどき必要ですか?/沢渡あまね

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「郵送」「印刷して配布」「とりあえず打ち合わせ」「手書き」「メールを送ったら電話で確認」「押印」「メール添付で圧縮してパスワードつけて、パスワードは別送」「ひたすらテレアポ」「とにかく相見積り、コンペ」「年末年始の挨拶や表敬訪問」「スーツ&ネクタイ」「ダイバーシティごっこ」
ちょっと待って、それってホントに必要ですか?
これまでの常識をシニカルなものがたり+ツッコミでアップデート!



◆感想


 無駄な会議や目的のない表敬訪問など
 成果につながらない職場の「あるある」を「仕事ごっこ」と評し、
 童話+解説で皮肉っている本です。

 私は自営業でこの手の無駄時間と縁がないので楽しめましたが
 サラリーマンの方が見たらイラッ!とするかもしれません。
 本書に書かれている内容って、多分、みんな
 内心では「意味ないなぁ」って分かっていると思うのですよね。
 ただ、慣習だとか何だとかで変えるのが面倒くさいので
 嫌々ながら従っているだけの人が多い気がします。
 そんな人がこの本を読むと「そんなの分かってるんだよ!」となるかもしれません。

 特に解決方法が提示されているわけではなく
 「こんな仕事ごっこは止めた方が良いよ」に終始しています。
 何かを学ぶためではなく「あ〜、あるある(−A−)」と
 共感半分、娯楽半分で読むのが適していると思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日からしばらくはメッチャ頑張るデーにします。
 ここ数年、ぬるい生活を送っていましたからね(−−ゞ
 少し気合を入れ直すのも良いかな?と思ったのです。

 ということで、バリバリ頑張ります(−−)☆

 ……が、マンガを読む時間とマンガ以外を読む時間と
 ゲームをする時間と寝る時間はできるだけ確保する予定です(^^ゞ

 あっ、あと美味しい物を食べる時間とお酒を飲む時間も。

スポンサーリンク

タグ:沢渡あまね
posted by ササキマコト at 10:03 | ビジネス書