超入門 ストーリーでわかる「起業の科学」/田所雅之

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


新規事業部に配属された主人公・山田創太郎。最初に課された使命は「3カ月以内での新規事業立ち上げ」だったが……。未経験の壁を越え、いかに成功をたぐり寄せるのか
ストーリーの合間では、57の「新規事業でハマりやすいワナ」もコラム形式で解説。これらのワナの存在を知っておくだけでも、新規事業の成功確率を格段に上げることができる!



◆感想


 「ストーリーでわかる」と書いてあったので
 物語形式かと思って読んでみました。

 実際のところは、会話形式・講義形式でした。
 内容のほとんどが先生役の田所さんと生徒役の山田さんの会話で、
 ストーリーはあってなきがごとしです。
 そのため、読んでいる途中でちょいちょい眠くなりました。

 内容自体は参考になる人はなるのでしょうけどね。
 私は、ある程度のストーリー性がある内容を期待して手に取ったので
 ちょっと合いませんでした。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、だいぶ肌寒くなりましたね。

 我が家でもついにコタツさんが本格稼働を始めました。
 ぬくぬくしながらパソコンさんをペチペチしています。

 幸せだなぁ(*´ェ`*)

 これであとはミカンが登場すれば完璧です。

スポンサーリンク

タグ:田所雅之
posted by ササキマコト at 11:23 | ビジネス書