あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する/西澤保彦

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


父が殺された。姉は事件をきっかけに恋人と別れ、望まぬ結婚をした。父が殺される数日前にタイムスリップした僕は、姉の元恋人である少女とともに父の死の真相に迫るが……。僕らは殺人をふせぎ、“あの日の恋”を果たせるのか?家族の愛と性を優しくも切なく描いたタイムスリップ・ミステリー。



◆感想


 控えめに言って最悪でした(−A−)

 無駄に文学的で、100ページ過ぎまで話がほとんど動かず
 「いつになったら面白くなるんだろう?」と思いながら読んでいるうちに
 終わってしまいました。

 しかも!

 解説を読んで知ったのですが、
 20年前に発売された『異邦人 fusion』を文庫化したやつだったのですね。

 読んだのが昔過ぎて内容は覚えていませんでしたが
 『異邦人 fusion』は前に読んでいますよ。

 KU・SO・GA!(−A−)

 というわけで、お金と時間を無駄にしただけで
 なーんの実りもない読書タイムになりました。

 KU・SO・GA!(−A−)

 この出版社の本は二度と買わないっす。


◆お気に入り度


 星1つ:★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、ちょっくらやりたいことがあったのですが
 眠いのでどうしようか迷っています(−−)Zzz・・

 眠い(−−)Zzz・・

 でも、やりたい(−−)Zzz・・

 眠い(−−)Zzz・・

 眠い(−−)Zzz・・

 寝る\(−−)/

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 15:42 | 個人的にいまいち