まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学/鈴木義也、緒方京子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


仕事、夫婦関係、老後への不安―人間関係に疲れてしまった男女7名の物語。今日もカフェ「ウィーン」には、悩みを抱えた人がやってくる。相手のわがままにガマンの限界…もう離婚したい!人の評価が気になる…人の頼みを断れなくて疲れてしまった…職場の先輩とうまくいかない。こんな悩みに、アドラーが贈る8つの処方せん。



◆感想


 マンガ(と解説)だったので読んでみました。

 正直、中身はそこまで濃くありませんでしたが
 「アドラーって何?」レベルの人が読むには良いと思います。
 下手に詳細が書かれているよりも全体の雰囲気は掴みやすいはずです。

 本書で何となく雰囲気を感じて、より興味が湧いたら
 他の本で情報を補完すれば良いと思います。

 読みやすさに全振りした感じですかね。
 知っていることばかりでしたが、良い復習になりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、月末ですね。
 今日はジャンプを読みつつ、経理関連の月末処理をします。

 そして、今日、明日を頑張れば私の2021年は締めです。
 終わりっ\(−−)/

 12月は2022年の準備をしつつ、まったり過ごします。

 ということで、今日と明日は頑張りまっす(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 01:27 | ビジネス書