medium 霊媒探偵城塚翡翠/相沢沙呼

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。



◆感想


 期待を超えてきました!

 実は最初の数ページを読んで「もしかして?」と思ったことがあってですね。
 それを念頭に置いて読んでいたら……やっぱりでした。
 私の予想はバッチリ当たっていました。

 「ですよね〜(−∀−)」とニヤニヤしていたら……えっ!?; ̄Д ̄)
 私の予想は当たった上で、さらにその一段上を行かれた感じです。
 やられたー!(≧▽≦)

 ということで、大満足の読書タイムになりました。

 あと、相変わらず太ももがお好きみたいで、ちょっと安心しました。
 そーいえば、そーゆー作家さんでしたね(笑)


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ここ一週間ほど、のんびり過ごしました。
 そろそろ頑張るモードに切り替えないとな〜と思っています。

 ねむっ(−−)Zzz・・

 とりあえず、アイスを食べて、目を覚まします。

スポンサーリンク

タグ:相沢沙呼
posted by ササキマコト at 14:52 | 小説