意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の百物語/氏田雄介

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


あなたはこの物語の意味、わかりますか――?
◆世にも恐ろしい百物語の始まりです。心の準備が出来たら読んでください。後ろから覗いている人も準備はいいですか?
◆昔、持っていた人形の首や腕がいつの間にかもげていることが続いた。一体だけ無事だったので、今も大切にしている。
◆隣は空室なのに、壁のほうから声が聞こえるので、壁に耳を当ててみた。反対側の耳に、声が聞こえた。「こっちだよ」
◆「この刀は斬れるのかい? 」 「へい。相手は斬られたことに気づかないとか」「そのようだな」武士は刀を鞘に収めた。
……など、子どもも大人も虜にする、百の怪談を収録。
物語の解説&他の物語は、ぜひ本書でお楽しみください!



◆感想


 サクっと読めて面白かったです。
 作業合間の気分転換に役立ってくれました。

 そんな感じ(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、お盆期間も後半ですね。
 私はパソコンペチペチ作業を頑張っています。

 少しバテ気味ですが、気合で頑張りまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:氏田雄介
posted by ササキマコト at 08:34 | 小説