明日はきっと お仕事小説アンソロジー/久保寺健彦、坂木司、沢村凜、新野剛志、宮木あや子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


面白くてためになる。様々な仕事の裏側を描いた、お仕事小説アンソロジー。空港に勤務する旅行会社の「あぽやん」、誰もが働きやすい職場環境を守る労働基準監督官、文書や原稿などの誤りを指摘する校閲者、求職者の相談に乗るハローワーク職員、地域住民に愛される町のクリーニング店。様々な職場で働く人を、人気作家が描いた短編5作品を収録。身近な仕事から意外と知らない職業まで、誰もが壁にぶつかり、悩んでいる。奮闘する主人公たちに明日の一歩を踏み出す勇気をもらえる、傑作アンソロジー。



◆感想


 坂木司さんの作品が読みたくて買ったのですが
 読んだことがある作品でした。
 しょんぼり(´・ω・`)

 とはいえ、初読みの作家さんが多かったので
 全体的には楽しめましたけどね。
 自分のお仕事に対するテンションが上がりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくら予定が盛りだくさんです。
 嬉しい悲鳴をあげております。

 前向きに取り組める予定ばかりだから良いのですけどね。
 身体は1つしかありません。

 とりあえず、やるべきこと、やりたいことを整理して、
 やるべきことは、できるだけ「やらなくていいこと」に変換しちゃって
 やりたいことを優先しまっす(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:15 | 小説