仕事で大切なことはすべて尼崎の小さな本屋で学んだ/川上徹也

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


東京生まれ・東京育ちで、中学からエスカレーターで東京の私立大学を卒業した大森理香。特に夢もなりたいものもなく、なんとなく受けた大手出版取次「大販」に内定するものも、配属でいきなり縁もゆかりもない大阪勤務を命じられる。関西弁が大嫌いで、さらにはベタベタした人間関係も大の苦手な理香だったが、研修でよかれと思ってやった行為で大きなミスをやってしまう。自分のふがいなさと理不尽さに涙があふれる理香に対し、上司が連れていったのはある小さな書店。そこでひとりの「書店のオバチャン」と出逢う。この書店のオバちゃんとの出会いをきっかけに理香の仕事と人生への考え方が少しずつ変わっていった―。目標もなく、なんとなく社会人になった出版取次会社の新入社員・大森理香が町の小さな本屋の店主と出逢うことで「仕事とは何か?」を学び、成長していく物語。実在する書店をモデルにした感動のノンフィクション&ノベル。



◆感想


 物語形式みたいなので読んでみました。

 ノンフィクションも含まれているようなので、
 劇的に物語が動いたりはしません。
 というか、エピソードの紹介が中心でした。

 そこから何を学ぶかは本人次第ですが、
 仕事や人間関係に関する示唆に富んだ内容が多く、
 そこら辺で悩んでいる人は何らかのヒントを得られると思います。

 文章も平坦で読みやすいので、小難しい文章が苦手な人でも読めます。
 気になったら手に取ってみても良いと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、完全に夜型になっています。
 ……と前回書いたのですが、いまだに夜型です。
 今は朝の4時半ですが「そろそろ一日も終わるな〜」という気分です。

 これからご飯を食べて、ちょっとお酒を飲んで、寝ます。
 今日も一日、頑張ったー!\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

タグ:川上徹也
posted by ササキマコト at 04:41 | ビジネス書