栞と嘘の季節/米澤穂信

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


高校で図書委員を務める堀川次郎と松倉詩門。ある放課後、図書室の返却本の中に押し花の栞が挟まっているのに気づく。小さくかわいらしいその花は――猛毒のトリカブトだった。持ち主を捜す中で、ふたりは校舎裏でトリカブトが栽培されているのを発見する。そして、ついに男性教師が中毒で救急搬送されてしまった。誰が教師を殺そうとしたのか。次は誰が狙われるのか……。「その栞は自分のものだ」と嘘をついて近づいてきた同学年の女子・瀬野とともに、ふたりは真相を追う。



◆感想


 『本と鍵の季節』の続編(?)です。
 前作は連作短編でしたが、本作は長編でした。

 長編だからかもしれませんが、シリアス寄りの展開です。
 前作を読んだのが昔すぎてよく覚えていませんが、
 前作よりは緊迫感のある展開だったと思います。

 決して面白くなかったわけではありませんし、
 楽しみながら一気読みしましたが、
 個人的には、終わり方が微妙でした。

 いろいろ投げっぱなしというか、モヤモヤが残ります。
 気にならない人は気にならないと思いますけどね。
 私は、全部ケリがついてスッキリ終わる話が好きなので、
 読後感はイマイチでした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、明日は歯医者さんデーです(−皿−)ウニッ

 それが終われば2022年の対外的な予定は全て終わりです。
 店じまいして精神的引きこもりモードに入ります(−−)☆

 別に人と関わることが嫌いなわけではないのですが、
 気疲れしちゃうのですよね(−−ゞ
 一人の時間・空間がないと死んじゃう派なのです。

 ということで、充電期間に入ります。
 自由に過ごすぞー!\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

タグ:米澤穂信
posted by ササキマコト at 15:42 | 小説