物産展の女/桑野一弘

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


老舗百貨店かねた屋の食品バイヤー・蓮見春花は、社運をかけた九州物産展を担当することに。張り切る春花の前に突如、謎の上司が現れた。「あなたにバイヤーの資格はない!」真っ赤なスーツにサングラス。奇妙な姿に圧倒的オーラを纏う女、御厨京子。どんな気難しい店主も口説き落とし、関わる物産展は軒並み大成功。本物を見極める厳しい目と強引な手法で恐れられる、伝説の〈物産展の女〉だった――!型破りな御厨に振り回されながらも、人の心を動かす彼女の哲学に春花も変わっていく。伝説の女が、食を通して、人を、世界を変える!老舗百貨店を舞台に、食のプロたちが命がけで見つける、極上のおいしいグルメ。



◆感想


 題材は好みでしたが、内容が薄く感じられました。
 理由は分かりません。

 頭で考えると、ちゃんと事件とかも起こっていますし、
 それぞれのキャラも立っていますし、
 不満に感じる点はほとんどないのですけどね。

 何故か、あまり心に響いてきませんでした。
 なんでだろ(−−?

 ジャンルも展開も好みなんだけどなぁ(−−ゞ

 楽しめたことは楽しめたのですけどね。
 ちょっと物足りなかったというのが正直なところです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ホテルで缶詰め生活から帰ってきました。
 結構はかどった(*´ェ`*)

 次は27日(月)から4日間くらいホテルで缶詰め生活を送ります。
 引き続き、パソコンぺちぺち作業を頑張りまっす(−−)☆


タグ:桑野一弘
posted by ササキマコト at 03:08 | 小説