神のロジック 次は誰の番ですか?/西澤保彦

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


〈学校〉では各国の子どもたちが、通常の授業に加え推理力を試されていた。ここは探偵養成学校?特殊能力の秘密研究所?
やがて〈学校〉で次々と殺人事件が起きて……。犯人は一体?子どもたちは、なぜ集められたのか?全貌が明らかになったとき、大きな衝撃が読者を襲う!驚愕の長編ミステリー。



◆感想


 『神のロジック 人間のマジック』を改題・文庫化した作品です。
 結構面白そうなのに何で読んでいなかったんだろ……(−−?

 途中まで読んで思い出しました。
 そーか、この作品のメインのトリックを知っていたからだ(ノ∀`)
 同じようなトリックの別の作品を読んだことがありましてね。
 その解説を読んでいたときに、この作品が同じトリックだと知っちゃったのです。
 だから避けていたのね(´−ω−`)

 とはいえ、それが分かった状態でも楽しめました。
 ちょっとアンフェアな気はしましたけどね。
 面白かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ホテルで缶詰め生活を送っています。
 帰宅は明日の予定です。

 頑張りまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 09:54 | 小説