三日間の幸福/三秋縋

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。



◆感想


 最初の方をマンガで読みました。
 マンガでは途中までしか読めず、続きが気になったので小説版を手に取りました。

 結果(−−)b

 心がキュンキュンしましたぁ(≧▽≦)

 いやー、青春ですね。
 展開が綺麗すぎるといえば綺麗すぎますが
 気にしちゃいけません。
 フィクションなんですから、ご都合主義でも良いのです。
 読み手が楽しめるかが大事。

 結末も想像とは違いましたが良かったです。
 「3回まで」が伏線だと思ったんだけどなぁ。
 最後はアレを買ってハッピーエンド!な展開だと予想していたのですが
 違いました。
 捉えようによっては無慈悲だけど、
 だからこそ余韻の残る終わり方で良かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっと疲れが見えてきました。
 力尽きる前に寝ます(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

タグ:三秋縋
posted by ササキマコト at 23:22 | 小説