変な家2 〜11の間取り図〜/雨穴

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


あなたは、この「11の間取り」の謎が解けますか?前作に続き、フリーライターの筆者と設計士・栗原のコンビが不可解な間取りの謎に挑む。1「行先のない廊下」2「闇をはぐくむ家」3「林の中の水車小屋」4「ネズミ捕りの家」5「そこにあった事故物件」6「再生の館」7「おじさんの家」8「部屋をつなぐ糸電話」9「殺人現場へ向かう足音」10「逃げられないアパート」11「一度だけ現れた部屋」後編「栗原の推理」すべての謎が一つにつながったとき、きっとあなたは戦慄する!



◆感想


 前に読んだ『変な絵』と『変な家』が面白かったので読んでみました。

 最初は連作短編だと思ったので「ちょっと微妙かな?」と感じましたが
 実際には1つの長編だと気付いてからは前向きに楽しめました。

 話の着地点が読み始めからは想像もつかないところにあって
 面白かったです。

 一部、回収されていない?伏線もありますが、
 そこはご愛敬でしょう。

 不可解で断片的な情報が最後につながって1つの物語になるのが
 とても気持ち良かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、クリスマスですね。
 めりーくりすまーす\(−−)/

 挨拶だけは世間の流行りに乗ってみましたが、
 生活自体はクリスマス感のない普通の生活をしています。
 今年はケーキもチキンも食べていません。

 どーんまいっ(−д−)


タグ:雨穴
posted by ササキマコト at 14:44 | 小説