特等添乗員αの難事件V/松岡圭祐

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


“閃きの小悪魔”と観光業界に名を馳せる浅倉絢奈。ラテラル・シンキングを操り、トラブルから難事件まで解決する彼女に1人のニートが恋をした。しかし、男は有力ヤクザが手を結ぶ一大シンジケート、そのトップの御曹司だった!!職場で孤立し、恋人・壱条那沖にも心を委ねきれない絢奈に、金と暴力の罠が迫る。仕事と恋、2つの危地を乗り越えられるか?人の死なないミステリ最高峰、書き下ろしαシリーズ第5弾!



◆感想


 面白かったです。
 もう、これでシリーズ完結で良いのでは?というくらい奇麗にまとまっていました。

 子供じみたギスギスした展開もありましたが、
 落としどころが素晴らしかったです。
 優しい物語ですね。

 そして、あの親子が実はアレだったのに気付けませんでした。
 マジかー。
 騙されたっ(ノ∀`)

 あと一冊残っているので早めに読んでみます。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、3月に入りました。
 毎月、月の初めは「よーし!頑張るぞp(−−)q」という気分になります。

 月末に向けて徐々に「あ〜、やる気出ねぇ(−−)」となっていくのですけどね。
 やる気の神様がいらっしゃるうちに頑張れるだけ頑張ります。

スポンサーリンク

タグ:松岡圭祐
posted by ササキマコト at 15:34 | 小説