スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー/友井羊

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


早朝にひっそりと営業している「スープ屋しずく」には、お客が抱えるさまざまな悩みや謎が舞い込んでくる。急に真っ黒に変色したジャガ芋の謎。入籍間近だったカップル客の結婚が延期になった謎と鉄鍋の関係。常連客の老人が亡くなり、彼の娘が生前の穏やかな暮らしぶりを聞きにやって来るも悲しむ、父子が抱える過去。そして麻野の亡くなった妻・静句の話を聞いて、とある気持ちが芽生えた理恵がとった行動とは……。いろいろあるけど、温かいスープが心と体に元気をくれる。



◆感想


 一応、日常の謎系のミステリーですが、
 スープの描写に気合が入っています。
 空腹時に読むと辛いことになると思います。
 お腹が空いていないときに読むか、何か食べながら読むことをオススメします。

 スープの描写がとても丁寧で、それが本書の魅力のひとつだとは思いますが、
 そっちに分量が取られてミステリー要素は軽めに感じました。
 前作までは、もうちょっと物語が動いた気がするんだけどなぁ……。
 気のせいかな?(−−ゞ
 良くも悪くも、まったりした印象を受けました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、やる気の神様がやる気満々です。
 昨日から今日にかけて、何気に結構、頑張っています(−−)☆

 まぁ、もうすぐ力尽きるとは思いますけどね。
 あと2、3時間くらい頑張ったら、
 ピザ片手に赤ワインを飲みながら『龍が如く8』というゲームをやって寝ます。

 ちなみに『龍が如く8』は、やっとこさ最終章まで来ました。
 今月中にはクリアしたいなぁ(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:友井羊
posted by ササキマコト at 04:32 | 小説