間宵の母/歌野晶午

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


小学三年生の詩穂と紗江子は親友同士だったが、紗江子の母の再婚相手である若い義父と詩穂の母が失踪した。その日から紗江子の母の精神状態は普通ではなくなる。詩穂も父親から暴力を受けるようになり、児童養護施設に入れられてしまう。その後、二人は悪夢のような人生を送ることになるのだが、実は驚くべき真実が隠されていた。著者最恐のホラー・ミステリー。



◆感想


 前半は、日常の中で不可解なことが起こるホラーでした。
 後半は、前半で起こった不可解なことに理由付けがされるミステリーでした。
 ただし、最後のオチは……(−m−)

 ジャンルがジャンルなので読んでいて楽しい気持ちにはなりませんでしたが
 面白かったです。
 確かに「ホラー・ミステリー」と呼ぶに相応しい一冊でした。

 個人的にホラーはあまり得意ではないので、
 ホラー好きな人が楽しめるかは分かりませんが、
 イヤミス系が好きな人は楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ドラえもんのことを考えていて、ふと思ったのですが、
 あれは異世界転生もの俺TUEEEE系の走りなのではないでしょうか。

 もちろん厳密に考えたら違うのでしょうけどね。
 ひみつ道具をドラえもんが出して、のび太君がビックリするシーンが、
 異世界に飛ばされた人がライターとかを使って火をつけたら
 その世界にいる人がビックリするのと似ているような気がしました。

 だって、ひみつ道具って未来のデパートで売っていて
 普通に買えるんでしょ(−−?
 現代人にとっては魔法の道具ですが、
 未来人からしたら普通の道具じゃないですか。

 そんなことを考えつつコーヒを飲んでみた今日の昼下がりです。
 今日も私の生活は平和です。

スポンサーリンク

タグ:歌野晶午
posted by ササキマコト at 12:49 | 小説

職場、好きですか?/眉村卓

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


会社という場所には、ときに不可思議な人たちがいて、奇妙なできごとが起こる。美人で優秀な女友達が入社試験に落ちた理由、頼りになる先輩OLが隠していたこと、停滞恐怖症の男が過ごす夏期休暇。もしかしたらあなたの周囲にもあるかもしれない、ごく普通の日常の中に埋もれている非日常の世界を描いたSFショートショート集。



◆感想


 会社が舞台のショートショート集です。
 一見すると普通の日常ですが……。

 独特の空気感があり、好きな人は好きだと思います。
 個人的には、もう少し分かりやすいオチが付いている作品の方が好きですが、
 ちょいちょい好みの話もありました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は、ちょっくら頑張っています(−−)☆
 ガッツリ大きなことをやっているわけではないのですけどね。
 チマチマした部分を地道にやっています。
 例えば『わわわIT用語辞典』の用語説明に用語の英語表記を追加したりです。
 ひとつひとつは、ちょっとした作業なのですが、数が多いので結構、大変(−−ゞ

 それはともかくですね。
 最終系のピヨピヨカレーが美味い(−q−)じゅるり
 鳥・豚・牛のうまみが凝縮され、ニンニクの香りと野菜の味わいが混然一体となって
 うんちゃらかんちゃら。










 そろそろカレーに飽きてきました(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:眉村卓
posted by ササキマコト at 03:07 | 小説

座敷童子の代理人3/仁科裕貴

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


遠野が美しい雪化粧に包まれる季節、平穏な「迷家荘」に新たな珍客登場!?旅館の見習い番頭として働く緒方司貴の前に“座敷童子コンビ”の過去を知るという“女の子の座敷童子”が現れ―。ひと悶着を起こす座敷童子少女・律のほか、半妖のさとり少女、好々爺のぬらりひょんなど、遠野の旅館には問題ありの妖怪や人間とともに、相も変わらず笑いや涙も集まってしまうようで…。そんな中、妖怪たちが持ち込む無理難題で司貴&童子の関係にヒビが?どうするどうなる座敷童子コンビ!?



◆感想


 シリーズ第三作目です。
 だいぶ、登場人物が増えてきました。
 できれば刊行順に読んであげてください。
 人間関係の相関図が頭に入ってないと少し読むのが大変かもしれません。

 前作までが楽しめた方なら本作も楽しめるはずです。
 ミステリー的な要素もあり、人情もの的な要素もあり、
 ラブコメ?的な要素もあ……るのかな?やっぱり、ないかな?であり、
 のんびり楽しめます。

 個人的には当たり外れを気にしないで安心して読めるシリーズです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、11月も最終週に入りました。
 きっと、あっという間に年末になり、
 あっという間に来年になるのでしょうね。

 それはともかく、熟成されたカレーが美味い(−q−)じゅるり

スポンサーリンク

タグ:仁科裕貴
posted by ササキマコト at 13:52 | 小説