ぶたぶたラジオ/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。バレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも声は渋くてダンディなおっさん、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……本屋さん!ですが、ラジオでお悩み相談のコーナーを持っちゃいます。未読でも問題はありませんが、一応『ぶたぶたの本屋さん』の続編です。



◆感想


 作品によってパラレルワールド的に職業が変わるぶたぶたさんですが、
 今回は『ぶたぶたの本屋さん』の続編です。
 ブックスカフェを営むぶたぶたさんが、ラジオでお悩み相談を受ける話です。

 『ぶたぶたの本屋さん』でも感じたのですが、
 今回のぶたぶたさんも少しだけ脇役っぽく感じました。
 ちゃんと話のど真ん中にいたのですけどね。
 なんでだろ(−−?
 ぶたぶたさんの料理が、あまり出てこなかったからかな(−−?

 とはいえ、相変わらず「ほっこり」する話ではありました。
 ぶたぶたさんシリーズが好きな人は楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は外出デーなので早起きさんです。

 いや〜、清々しい朝ですね\(−A−)/
 こんなに清々しいと……二度寝したくなります(−−)Zzz・・

 そんな誘惑に打ち勝つべく、コーヒー(ブラック)を入れ、
 英字新聞……は持ってないからジャンプで代用し、
 デキるビジネスマンごっこをしてテンションを上げています。

 キリッ(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 07:29 | 小説

皇帝と拳銃と/倉知淳

◆本の内容


死神みたいな乙姫警部と容姿端麗な鈴木刑事のコンビがお届けする倒叙形式のミステリー短編(中編)集です。「運命の銀輪」「皇帝と拳銃と」「恋人たちの汀」「吊られた男と語らぬ女」の4編が収録されています。



◆感想


 倒叙ものでした。
 倒叙ものというのは犯人が最初から分かっている状態で
 犯人と探偵の駆け引きがあーだこーだなミステリーです。
 主に犯人目線で話が進みます。
 パッと思いつく有名どころは『刑事コロンボ』とか『古畑任三郎』ですかね。

 個人的に倒叙ものは好みに合わないことが多いのですが本作は楽しめました。
 死神のような風体に「乙姫」という可愛らしい名前の警部、
 「鈴木」という平凡な名前ながら容姿端麗な刑事、
 キャラクターも立っているし、話も結構面白かったです。

 ……ただ、前半の2作に比べて後半の2作が若干ネタ切れ感を感じました。
 面白くないというわけでは決してないのですが、
 前半2作にはあった趣向が後半2作にはなかったので
 「思いつかなかったのかな(−−?」と邪推しています。

 「面白かったけど次作を書くのは難しそうかな?(−−;」というのが
 率直な感想です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、ちょっくら急な外出の予定が入りました。
 ということで今は

 てんやヾ(−−;ヾ)

 わんや(ノ;−−)ノ

 しています。

 ……って、踊ってる場合じゃないからっ(−−;)ノぺちっ

 いってきまーす(((((/;−−)/

スポンサーリンク

タグ:倉知淳
posted by ササキマコト at 09:19 | 小説

セイレーンの懺悔/中山七里

◆本の内容


度重なる不祥事でBPOから怒られまくりな帝都テレビが一発逆転のスクープを狙い、そして掴んだ!……と思われたのだが?キーワードは、マスコミ、報道、スクープ、○○(ネタバレになるので伏字)でしょうかね。誘拐事件の犯人をすっぱ抜いてはみたものの……な話です。



◆感想


 なるほど。
 事件自体はありきたりな誘拐事件ながらも
 今回はマスコミの目線で真相に迫っていくのですね。

 ……と最初は期待したのですが、全体としてはイマイチに感じました。

 なんでだろ(−−?
 主人公のお姉さんに共感できなかったからかな。
 微妙に良い人ぶってるのが、何となく癇に障りました。

 実質値上げで容量を減らしているようにしか見えないのに
 「筋肉への負担が約1割軽減」とか言われた気分です。

 自分たちがやっていることを色眼鏡なしで捉えてそうな上司のおっさんの方が、
 まだお友達になれそうでした。

 最後の方のどんでん返しっぽい何かも
 別に「なんだってー?!Σ( ̄◇ ̄;」とは、なりませんでしたしね。

 読んでいてストレスを感じるほどではありませんでしたが
 終始「ふーん(−−)」なテンションで読み終えました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、新年度に入って1週間が経ちましたね。
 新入社員のみなさんは新しい生活に慣れましたか(−−?
 まだ夢や希望にあふれている人もいれば
 既に現実を見て嫌気がさしている人もいるでしょう。

 そんな人たちに私から有用なアドバイスを与えましょう( ̄^ ̄)ノ


 初任給がいつか確認しとけ(−−)b


 お金は手っ取り早いモチベーションアップの種です。
 ……というのもありますが、ちゃんと確認しておかないと、
 せっかくのゴールデンウィークに
 もやしばかり食べる羽目になりますよ。

 ご注意ください。

 ※何度か書いていますが、給料日が20日の会社だったので
  4月20日に初任給が入ると思ってお高いベッドを買ったら
  実は初給料日が5月20日で、せっかくのゴールデンウィークに
  もやししか食べられなかった可哀想な子がいるのです。

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 10:31 | 小説