裏切りのステーキハウス/木下半太

◆本の内容


会員制高級ステーキハウスの雇われ店長・久慈良彦は窮地に陥っていた。伝説のアウトローでありステーキ店のオーナーでもある立浪琢郎から銃をつきつけられていたからだ。立浪は言う。俺の妻と寝ただろう?事実無根の濡れ衣だが立浪は信じてくれない。そんな中、久慈の娘が来店し、本当の浮気相手とその恋人まで登場し……。しっちゃかめっちゃかでオー・マイ・ゴッドな話です。



◆感想


 面白かったです。

 特に後半の怒涛の展開は期待通りでした。
 ページをめくるごとに見えている画が変わり、
 状況が二転、三転する様は素晴らしいと思います。

 木下さんの作品はどれもそうですが、群像劇に近いです。
 そのため、特定のキャラに感情移入しながら読むタイプの人は
 もしかしたら物足りないかもしれません。
 全体を俯瞰して見た方が楽しめると思います。

 タイトルも読み終えてから見ると「なるほどな〜」となりました。
 まさしく「裏切りの」ステーキハウスです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、絶好のお散歩日和ですね。

 夏は暑くて、お散歩すると汗がダラダラになります。
 冬は寒いので、コタツから出るのが大変です。
 これくらいの季節が一番お散歩しやすいのです。

 ということで、昨日は外出する用事があったので
 そのついでにお散歩してきました。

 軽く3時間くらい(−。−)ぼそっ
 距離にして、ざっと10kmくらいでした。

 また一歩、健康に近づきました(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 08:13 | 小説

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~/三上延

◆本の内容


母から娘へ。栞子さんが娘・扉子に語る、本にまつわる物語。『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ完結後の後日談です。短編です。



◆感想


 えー(−A−)
 せっかく綺麗に完結していたのに続編かよ?!(−A−)

 ……と思ったら後日談の短編集でした。

 綺麗に終わった作品が続編を出すと微妙だったりするじゃないですか。
 それを懸念したのですが、杞憂でした。
 番外編みたいな感じですね。
 良かった、良かった(*´ェ`*)

 ということで、本屋で見かけた瞬間はドキっとしましたが、
 完結したシリーズの印象を壊すことなく楽しめました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日もジャンプの話です。
 長らく休載していた『ワールドトリガー』が連載再開するそうです。
 やったー!\(≧▽≦)/

 まぁ、週刊少年ジャンプでちょっとやったら
 「ジャンプSQ.」にという雑誌に移籍するみたいですけどね(つд`)・°・。

 でも、まぁ、体調不良で休載されていた方なので
 再び描ける状態になったのであれば喜ばしいことです。

 何をするにも心と身体が資本ですからね。
 みなさんも心と身体の健康には気を付けましょう(−−)ノ

 私も気を付けます。
 今日は美味しい物を食べて、ぐっすり寝るぞー!\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

タグ:三上延
posted by ササキマコト at 16:37 | 小説

5分で読める! 怖いはなし

◆本の内容


怖い話の、しょーとしょーと。



◆感想


 正直な感想を書いて良いものか、とても迷うのですが……(−−ゞ
 まぁ、いいや。

 怖くなかったです(−。−)ぼそっ

 元々ホラー系の作品で「きゃー!(>д<)」となるタイプではないので
 そのせいだとは思いますけどね。

 私は映画とかの怖い話が(ビビるから)得意ではないのですが、
 本の怖い話も(怖く感じないから)得意ではなかったりします。

 ショートショートだからと手に取ったのが敗因でした(ノ∀`)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、よく頑張っています(−−)☆
 自画自賛ですが、よく頑張っています(−−)☆

 素晴らしい!\(−−)/
 そんな素晴らしい君に、ご褒美をあげよう!(−−)σ ビシッ!

 ということで、自分へご褒美をあげることにしました。

 どんなご褒美にしようかな〜、ぐふふ(^m^)
 ご褒美を考えるのが楽しくて仕方がありません(*´ェ`*)

 そして気付きました。

 この幸せな気持ちこそが、ご褒美だと。

 こんな幸せな気持ちが味わえるのは頑張ったからです。
 これをご褒美と呼ばずに何と呼ぶ?!

 ということで、今回のご褒美は、これで終了です(−−)

 最近、ちょっと自分に甘い気がするので、
 もう少し追い込んでからご褒美を与えることにします。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 15:51 | 小説