ショートショートの宝箱II/光文社文庫編集部

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


しょーとしょーと。



◆感想


 吾輩が読んだのはショート・ショートである。
 感想は、まだない。
 どこで買ったかとんと見当がつかぬ。
 何でも「ぶっくおふ」なる所でフムフムと立ち読みしていた事だけは記憶している。

 ……という感想にもなっていない感想を書くためだけに
 青空文庫で夏目漱石さんの『吾輩は猫である』を読みました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は頭が回っていません(−−)Zzz・・
 どれくらい頭が回っていないかというと、
 ここに書くことがサッパリ思い浮かばないくらい回っていません。

 こんな日は臨時休業にするに限ります。

 ただし(−−)b

 一日グータラすると罪悪感が芽生えるので午後だけ休むのです。

 不思議なもので、そう決めると、やる気が出てくるのですよね。
 「よーし!午後からグータラするから午前中は頑張るぞー!」って。

 これで少しは作業が進む上に罪悪感を覚えずにグータラできます。
 ぼへぼへ自営業者の生活の知恵です(−−)☆

 何気に私が自営業を始めてから一番気を付けているのは
 「やる気の維持」と「健康の維持」です。
 もちろん収入の多寡も大事ではあるのですが、
 収入を得られる状態を維持することの方が大事だと思っています。

 おっと、冒頭で「頭が回ってない」とか言いつつ、
 デキるビジネスマンっぽい発言をしてしまったじぇいっ(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 07:26 | 小説

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ 1/青木祐子

◆本の内容


森若沙名子、27歳、彼氏なし。入社以来、経理一筋。そんな森若さんの日常を描いた、ミステリー風味のお仕事小説です。



◆感想


 タイトルと背表紙のあらすじから経理ミステリーだと思って読んだのですが、
 実際にはミステリー風味のお仕事小説……と見せかけたキャラ物でした。

 本書を楽しめるか否かは森若さんのキャラを気に入るか次第でしょう。
 端から見ると超然としているけど実際の中身は超・庶民的(−−)b
 ご飯の誘いに表面上はクールに対応しつつ、
 頭の中では夕食で使うはずだった食材の使い回しを冷静に計算(−∀−)b
 キッチリしっかり淡々と仕事をこなしつつ、
 状況が煮詰まると考えるのが面倒くさくなって即・行動(≧▽≦)b

 そんな森若さんのキャラが気に入るかどうかで
 本書の評価は大きく変わるはずです。

 ちなみに私は結構気に入りました(*´∀`*)
 森若さんの心のつぶやきが個人的にツボです。
 シリーズ化されているようなので次作以降も読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、イギリス生まれのくせに英語がサッパリな私ですが
 「英語ができるようになりたいな〜」という気持ちはあります。

 ですが、本格的に勉強する程の熱意はありません。

 そこでBBCニュースのポッドキャストを流しっぱにしているのですが
 まったく無意味というわけでもなさそうですね。
 少しだけですが何となく聞き取れるようになってきました。

 また一歩、デキる国際ビジネスマンに近づいたようです(−−)☆

 先は長いけどっ(−。−)ぼそっ

 真面目な話をすると「継続は力なり」です。
 ちょっとの進歩でも継続すると大きな結果につながります。
 そんでもって継続するためには習慣化するのが一番です。
 習慣化するためには無理なく続けられることが大事です。

 ということで、頑張りが続かない人は

 1.結果を急ぎ過ぎていないか
 2.頑張り過ぎていないか
 3.ストレスが溜まるやり方をしていないか

 辺りを見直してみると良いかもしれません。

 ほどほど以上には頑張らないのが長続きさせる秘訣ですよ(−−)b

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 16:07 | 小説

ショートショートの宝箱: 短くて不思議な30の物語/光文社文庫編集部

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


しょーとしょーと。



◆感想


 隙間時間つぶし用だから良いといえば良いのですが、
 印象に残っている作品は多くありません(−−ゞ
 まぁ、良い方に捉えれば壊滅的な作品もなかったということですけどね。

 隙間時間をつぶすために読み、
 隙間時間をつぶすのに役立ってくれました。

 そんな感じ(−−)ノ


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、春期の情報処理技術者試験まで、あと1週間ですね。
 そのお陰か『わわわIT用語辞典』のアクセス数も微妙に増えています。
 駆け込みで勉強している人は無理だけしないで頑張ってください。
 応援しております(−−)ノ

 (『わわわIT用語辞典』の)アクセス数がショボショボのときは特になかったのですが、
 ある程度のアクセス数になったら一定の傾向が出てきました。

 例えば、平日に比べて休日のアクセス数が落ち込むとかですね。
 3連休のときは2日目が一番アクセス数が少ないとかですね。

 サイトの内容を考えれば納得できる結果なのですが、
 実際に目に見える形で出たときは少しだけ世界の神秘を感じました。

 そんな傾向のひとつに4月と10月はアクセス数が伸びるというのがあるのです。

 傾向が見え始めた当初は「更新数との関係かな(−−?」と思ったのですが、
 おそらく情報処理技術者試験との関係でしょうね。
 情報処理技術者試験が近づくと、IT関連の勉強をする人が増え、
 それに伴い『わわわIT用語辞典』のアクセス数も増えているようです。

 ということで、情報処理技術者試験に向けて勉強中のみなさん、
 たくさんの仲間がいますよ(−−)ノ

 多くの人があなたと同じように涙目になりながら
 横文字や専門用語と格闘しています。

 それを励みのひとつとして、あと1週間、
 悔いのないようにお過ごしください。



 まぁ、私は受けないですけどね(−∀−;ゞ
 ぶっちゃけ、起床試験を突破できる自信がありません。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 06:20 | 小説