鎮憎師/石持浅海

◆本の内容


赤垣真穂は大学時代のサークルの友人の結婚式二次会で熊木夏蓮と再開した。なぜ彼女が今ここに。サークルの中心的存在でありながら「ある事件」をきっかけに自分たちの前から姿を消した夏蓮。彼女の登場に真穂は戸惑うが、サークルメンバー達で行った三次会の後では自然に接することができるようになっていた。ところが翌日、夏蓮は殺された。犯人の可能性があるのは三次会に参加したサークルメンバーのみだった。一体、誰が?何のために?みたいな話です。



◆感想


 登場人物が論理的思考を積み重ねて謎を解くタイプの作品です。
 長編ではありますが座間味くんシリーズと少しだけ印象が被りました。
 石持さんらしいといえば石持さんらしい作品です。
 基本的には好きなタイプの作品でストレスなく最後まで読めました。

 若干、最初の方が思わせぶりでしたけどね。
 最初にあれを書いた理由は分かるのですが、
 思わせぶりが思わせぶりなまま終わったように感じます。
 欲張りではあるのですが「もう一驚き欲しかった」というのが正直なところです。

 あと話の本筋とは関係ないのですが、
 身近な駅や路線がたくさん出てきて嬉しかったです。
 私は学生時代、東北地方にいたので、
 小説とかに身近な場所が出てくる機会って少なくてですね。
 横浜とか長津田とかガンガン出てきたのでニヤニヤしちゃいました。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、9月の予定を、ほぼ消化しました(−−)
 残りは日常的にやっていることと月末の経理関係の処理くらいです。

 今月も何とか生き延びた(つд`)

 というほど切羽詰まってはいませんけどね。
 良くも悪くも状況が落ち着いています。
 若干、今の生活に飽きてきている感があるので
 良い意味で刺激を求めていきたいと思います(−−)☆

 一カ月くらい無計画に旅行しようかなっ(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 09:14 | 小説

フォルトゥナの瞳/百田尚樹

◆本の内容


自動車塗装工の木山慎一郎は、ある日、手が透けて見える人間と出会った。いろいろ検証したところ、どうやら死が近づいている人間の身体が透けて見えるようになったらしい。透けている部位が大きければ大きいほど、死は近くにあるようだ。不思議な目を手に入れた慎一郎は、もうすぐ死ぬ人間の運命を変えたいと願うが……。



◆感想


 エピローグのオチは途中で想像がつきましたが
 読みやすいのに読み応えがあって面白かったです。

 500ページ弱のボリュームですが、そこまでストーリーは動きません。
 あらすじを言葉で説明すると、割とあっさりします。

 それなのに続きが気になってページをめくる手が止まりませんでした。
 電車に長時間乗る機会があったのですが、その移動時間で一気読みです。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、大学時代の同期が東京に集まって飲み会をしました。
 昨日の夕方に集合して飲んで皆でホテル(というかホステル)に一泊して
 朝ご飯を食べて……その後もまだどこかに移動したみたいですが、
 私は身体の調子が激悪かったので朝ご飯を食べた直後に離脱しました。

 ぶっちゃけ身体がついていきませんでした(−−;
 うぅ、衰えたなぁ(×_×)
 鍛え直す必要性を本気で感じています(−−;
 少し運動っぽいことを始めようかな(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:百田尚樹
posted by ササキマコト at 13:37 | 小説

ショートショートの広場(6) (講談社文庫)

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 しょーとしょーと。(感想考えるのが面倒くさかった)

 ……ショートショートはお好きですか?
 かっぱえびせんのような、にくい奴です。
 ちょっとだけ読んだら仕事しよ〜と思って読み始めても
 一話一話が短いので、ついつい「あと一話だけ」と思って気付いたら最後まで。。
 逆に電車の待ち時間に読んでも、キリの良い所で止められます。
 意外と便利な本ですよ、ショートショート。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、二択で迷っています。
 まだクリアしていない『ドラクエ11』を進めるか
 発売1周年を迎えた大好きな(けど1回しかクリアしていない)『ペルソナ5』を
 久しぶりにやって思い出に浸るかで迷っています。

 う〜ん、どっちにしようかなぁ(*´ェ`*)

 ……あっ!そういえば今週は3連休でしたね。
 ジャンプを読みながら考えるとしましょう。

 ある意味、学生時代から何の進歩もない生活を送っています(−−;

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 05:08 | 小説