不老虫/石持浅海

◆本の内容


人類にとって脅威となりうる習性を持つ寄生虫「不老虫」が日本に入ってくるかもしれない。農林水産省で防疫に従事する酒井恭平は、そう上司から聞かされた。酒井の役目は"ハンター"の通訳となり共に不老虫を駆除すること。不老虫は人間を宿主とすることもあるそうだが……?みたいな話です。



◆感想


 おや、なんか、いつもと違いますね。

 石持さんの作品というと、脳みその中で仮説と検証を繰り返す頭脳バトルか
 特殊な条件下でのサバイバルが多いのですが、今回はどちらでもありませんでした。

 身も蓋もない書き方をすると「虫を探して殺す」話です。
 ただ、そこに、いろいろな要素が絡み合って、あーだこーだします。

 ミステリーとして読むと微妙かもしれません。
 途中で思わせぶりな描写が多々あるので「ぬぬぬ(−−?」となりますが、
 例えば、裏切者の正体などは「あっ、そっすか(−−)」みたいになりました。
 微妙に拍子抜けです。

 ただ、そこに至るまでに、かなりのワクワク・ドキドキ感を味わえます。
 結果よりも過程を楽しむつもりで読むと良いと思います。
 個人的には一気読みでした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、おニュー眼鏡になりました。
 今日から新生ピヨピヨです(−−)☆

 といっても、前のと同じようなのを選んだので
 見た目の印象とかは変わりませんけどね。

 何となく「キリッ(−−)☆」とした気分になりました。

 そんな感じ(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 14:12 | 小説

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅/神坂一、あらいずみるい

◆本の内容


リナとガウリイは故郷へ向かう途中に立ち寄った街で野盗騒ぎに出くわし、護衛を引き受けることに。ところがどっこい、その野盗は見たこともない魔法を使い、さらには魔道士にとって最悪の相性であるアノ兵器も持ち出してきて……。18年ぶりの長編です。



◆感想


 なーつかしー!(≧▽≦)

 あとがきを読むかぎり、位置付けは「特別編」のようです。
 そのため、物語が大きく動いたりはしませんが、ソコはソレ。
 相変わらずの雰囲気で、とても懐かしかったです。

 個人的には、リナやL様(の暴れっぷり)が
 マイルドになっていたような気がしましたけどね。
 再びスレイヤーズの新刊が読めたというだけで満足です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は書くことが思い浮かびません。
 というか、まだ頭が回っていません。

 起きたばっかりなので(つ_−)

 最近は朝に寝て昼に起きる生活が続いています。
 夏休み中の学生みたいな生活です。

 さしあたって不都合はないので放置しますが、
 気が向いたら朝型に直します。

 夜の方が、静かだし、涼しいし、作業しやすいのです(−−ゞ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:58 | 小説

宝くじが当たったら/安藤祐介

◆本の内容


幸か不幸か宝くじで2億円当たってしまった男性が人の欲望と悪意に振り回される話です。



◆感想


 う〜ん(´−ω−`)

 私が自営業でお金について真剣に考える(考えざるを得ない)機会が多いせいか
 読み進めるにつれて、どんよりした気分になりました。
 お金って怖いですね。

 一応、最後は希望を持たせる終わり方をしていますが、
 客観的に見ると主人公が可哀想な目にあっただけな気がします(−−ゞ

 読みやすくて最後まで一気読みしましたが、
 あまり楽しい気分にはなれませんでした。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、世の中というのは不思議なもので、
 同じようなことが重なるときは重なりますね。

 最近は「はじめまして」な人や「お久しぶりです」な人とお会いする予定が
 ちょこちょこ入ってきている状況です。

 基本的に私は人と会うと気疲れするタイプなのですが、
 そのような機会は前向きに考えるようにしています。

 特に自営業を始めてからは、その傾向が強かったりします。
 何が何のきっかけになるか分からないからです。

 ということで今月は、お外で飲み食いする機会が多かったりします。

 ……少し意識して運動するようにしようかな。
 インプット(カロリー補給)に対してアウトプット(カロリー消費)が
 少なすぎる気がする今日この頃です(−−;ゞ

スポンサーリンク

タグ:安藤祐介
posted by ササキマコト at 09:24 | 小説