ぶたぶたの花束/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。外見はバレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも中身は花が好きな心優しいナイスミドル、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……花屋さんの店長「とか」です!今回のぶたぶたさんは、ボディガードからテディベアを作る人まで、いろいろな職業で登場します。愛くるしくも頼りになるぶたぶたさんの活躍をご堪能ください。



◆感想


 ぬいぐるみのくせに頼りになる。
 可愛らしい外見のくせに中身はおっさん。
 相変わらずなぶたぶたさんに癒されました(*´ェ`*)

 今回のぶたぶたさんは、料理に関係ない職業が多かったせいか
 いつもより食べ物に関する描写が控え目だったように思えます。
 読んでいても、あまり、お腹は空きませんでした。

 その分、バラに関する描写が多かったですけどね。
 「花より団子」な私でも、ちょっと興味が湧くくらいにはバラ推しでした。

 でもなー。

 ぶたぶたさんは、やっぱり料理なんだよなー。

 そんな贅沢な不満を感じつつ、楽しく読みました。
 ぶたぶたさんは難しいことを考えないで楽しめるから好きです。
 癒しですね、癒し。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は世の中の人から少しだけ出遅れてしまいました。
 もう少しストレートに表現すると……

 寝坊しました(−−)b

 幸か不幸か今日は外出する予定がなかったのですね。
 よって……

 二度寝しました(−−)b

 清々しい朝……ではないけど、清々しい目覚めです。
 身体中に力がみなぎっています。
 これは、もう夜まで寝なくても活動できる勢いです。

 さぁ!今日も一日、頑張るぜ!


 ……と自分に言い聞かせてテンションを上げています。
 本当は寝すぎて眠いです(つ_`)

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 11:01 | 小説

処刑タロット/土橋真二郎

◆本の内容


天才型主人公が女の子とキャッキャウフフしながら死のゲームに参加する、ある意味いつも通りの土橋さんらしいデスゲーム物です。



◆感想


 なんか懐かしい感じの土橋さんでした。
 方向性としては初期の作品に近い印象です。

 強いて初期の作品との違いを挙げれば

 1.自分からゲームに参加している
 2.「デス」の部分が若干マイルド

 ですかね。

 昔の作品ではゲームに強制参加な展開が多かったですが
 本作では主人公が自分の意志でゲームに参加しています。

 あとはデスゲームの「デス」の部分がマイルドになっていました。
 ぶっちゃけ、あんまり人が死にません。

 その2点を除けば既視感を覚えるくらい初期の作品に似ていると思います。

 というのが、本編という名のまえがきに対する感想です。

 世間一般で「あとがき」と呼ばれる本編は、相変わらずキレキレでした。
 さすが土橋さん!

 いやー、腹を抱えて笑いましたよ。
 ブラックだ!ブラック企業だ!

 注意点として、本作のあとがきは本編を読んだあとに読んでください。
 本編の内容を踏まえてこそ楽しめる内容です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、お正月が終わりましたね。
 お仕事の人は頑張ってください。
 まだお休みの人はのんびりしてください。

 私は、ある意味では日常に帰ってきました。
 正月休みのグータラ気分から日常的なグータラ気分に戻っています。

 まぁ、今年も無理はしないでボチボチやっていきますよ(−−)ノ
 それでは2018年も、よろしくお願いいたしますm(__)m

 ……m(__)m(ねむい)

スポンサーリンク

タグ:土橋真二郎
posted by ササキマコト at 10:25 | 小説

続・ヒーローズ(株)!!!/北川恵海

◆本の内容


「ヒーロー製作所」に就職した修司は今日も今日とてヒーロー作りなお仕事を頑張っています。しかし、上司や同僚も皆それぞれに悩みを抱えているようで……。『ヒーローズ(株)!!!』の続編です。



◆感想


 『ヒーローズ(株)!!!』の続編です。
 興味を持った方は前作から読んであげてください。

 話自体は続き物ではありませんが、登場人物が前作と同じです。
 人物紹介的な内容は(前作で済んでいるので)ありません。
 その上で、結構、登場人物の深いところに踏み込んだ話が多いです。

 よって、前作を読んでいないと本当の意味では楽しめないと思います。
 是非、前作を読んでから本作を読んであげてください。

 前作を楽しめた方は本作も楽しめるはずです。
 まさか、あのちゃらんぽらんにあんな過去があったとは?!(−−;
 え!あの老紳士にそんな一面があったの?(−−;
 家庭環境にまつわる結構ヘビーな題材ではありましたが
 面白く読めました。

 同じ人が書いている『ちょっと今から仕事やめてくる』を読んだときにも感じましたが
 この著者の方はヘビーな題材をエンタメに仕上げるのが上手ですね。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、1日遅れですが、あけましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりました。
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 新しい一年が始まりましたね。
 2018年のキャッチフレーズを、さっさと決めようと思います。

 う〜ん(−−)

 う〜ん(−−;

 う〜ん(−公−;

 決めた!(−−)☆

 2018年のキャッチフレーズは「時間を大切に2018」です\(−−)/

 前も書きましたが2017年に立てた目標は達成できました。
 状況は良いところで安定しています。

 こうなるとですね。

 私の性格的に飽きが出てくるのです。
 モチベーションが下がります。
 きっと目標に向かってガー!っと進んでいるときが好きなのでしょう。

 とはいえ、この良い状況を維持したいところではあります。
 そこで最初は「継続2018」というキャッチフレーズを考えたのですが……。

 別に継続しなくても良いかな、と(−−ゞ

 飽きたのに嫌々継続するくらいなら
 さっさと新しいことに手を出した方が
 前向きに取り組めると思うのですよね。

 ただし(−−)b

 ダラダラして時間を無駄にするのは良くありません。

 ということで、良い状況を維持するために今やっていることを継続するのか
 あるいは新しいことにチャレンジするのかは後で考えるとして、
 とりあえず時間を無駄にするようなことだけはしないぞ!という気持ちを込めて
 2018年のキャッチフレーズは「時間を大切に2018」にしました。

 1年間という時間を大切に使って
 2018年も良い年にします(−−)☆

 今年も宜しくお願いいたしますm(__)m


 ……m(__)m



 ……m(__)m Zzz・・ ←休みボケ

スポンサーリンク

タグ:北川恵海
posted by ササキマコト at 09:09 | 小説