退職刑事 (4)/都筑道夫

◆本の内容


安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。現職刑事の息子やその他の人が持ち込む謎を退職刑事の父親が解きます。



◆感想


 登場人物が増えましたね。
 伝聞調なので、事件に対する登場人物は以前から多かったのですが、
 実際の登場人物(事件の語り手とか)も1巻に比べたら増えました。

 このシリーズを読んだことがない人は、
 『退職刑事 (1)』から読んだ方が良いと思います。
 1巻はシンプルに退職刑事と現職刑事しか出てこないので
 違いや移り変わりが掴めて面白いはずです。

 とはいえ、私は少しだけ、このシリーズに飽きてきました。
 少し間をおいてから、他の作品を読むか決めようと思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙に身体がダルいです(−公−;
 インフルエンザではないと思いますが、
 眠くて眠くて仕方がありません(−−)Zzz・・・
 いつも眠いといえば眠いのですが、いつも以上に眠いのです。

 大丈夫だとは思うのですけどね。

 無理をする方が結果として高くつくことが多いので、
 今日は美味しい物を食べて、さっさと寝ます(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:都筑道夫
posted by ササキマコト at 15:26 | 小説

人形はこたつで推理する/我孫子武丸

◆本の内容


タイトル通り、探偵役は人形です。腹話術師の朝永嘉夫と彼が操る人形の鞠小路鞠夫、そして語り手でもある妹尾睦月(通称・おむつ)の周りで起こる事件を人形の鞠小路鞠夫が解決します。人形を操っているのは朝永さんですけどね。事件を解決するのは人形の鞠夫なのです。具体的なことは読んでのお楽しみってことで。安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。



◆感想


 短編のせいか、しっかりミステリーしている割には読みやすかったです。
 飽きることなく最後まで読み進められました。
 我孫子武丸さんの作品の中では好きな部類に入ります。

 読む前は「人形が探偵?」と思ったのですが、なるほどねー。
 つじつま合わせを上手くしたな〜という印象です。

 同じシリースの他の作品も出ているようなので読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、やる気の神様が降りてきました。
 といっても、残念ながら仕事ではありません。
 掃除です。
 無性に部屋の掃除がしたくなりました。

 これは、やるしかないですね(−−)☆
 今日は2カ月遅れの大掃除をやることにします。

 ちなみに、現実逃避ではありません。
 ホントだよ。

スポンサーリンク

タグ:我孫子武丸
posted by ササキマコト at 09:47 | 小説

僕が七不思議になったわけ/小川晴央

◆本の内容


僕は七不思議になった。心配性を通り越して心配病と言っても過言ではない高校生・中崎夕也は卒業式の夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。テンコは言った。「おめでとう、今この瞬間、この学校の七不思議にお主は選ばれた」と。そして、生きたまま七不思議となった僕の学校生活が始まった。……みたいなお話です。学園青春ミステリーホラーファンタジーです。



◆感想


 なかなか悩ましい本ですね(−−;
 面白かった点やオススメポイントを書こうとすると
 ネタバレになってしまいます。

 好きな類の本だったのは間違いないのですが、
 どこら辺が好きだったかを書こうとすると……ネタバレる(ノ∀`)

 ライトノベルな学園青春ものが好きで
 誤字脱字とかにそこそこ寛容な人は
 読んでみてもいいんじゃないでしょうか。
 そうすると、あれがあーなって、あそこでうひょー!だと思います。

 文章面では少し気になる点もありましたが
 内容は面白かったです(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2月がヾ(−−ゞ)

 始まって(ノ−−)ノ

 しまいましたねぇ!<( ̄◇ ̄;)>

 昨日は歯医者に行ったくらいで、後は遊んでいました。
 2月の滑り出しは順調にグータラです(ノ∀`)
 ヤバイ……ヤバイっす。

 と思いつつ、今日もグータラする予定です。
 昨日、今日のグータラ分は週末に取り返します(−−A

スポンサーリンク

タグ:小川晴央
posted by ササキマコト at 02:06 | 小説