ショートショートの広場18 (講談社文庫)

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 くっ、そろそろ、このシリーズも終わりが見えてきました(−−;
 ちょっとした気分転換や隙間時間を埋めるのに重宝していたのですけどね。
 まぁ、始まりがあれば終わりがあるのが世の中の常です。
 未読は、あと2冊かな?
 名残惜しさを感じつつ、さっさと読み終えようと思います。

 相変わらず本の感想じゃなくてゴメンナサイね(^^;
 ショートショートは、どうしてもですね。 
 以下略。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、ほのぼのして良い天気です(*´ェ`*)
 絶好の洗濯日和ですね。
 ついでに絶好のお昼寝日和でもあります。

 ……が、今日は、ちょっくら外出する予定があるのです。

 何気に土日に外出するのは久しぶりです。
 外を歩いていても「怪しいおじちゃんがいるー」みたいな目で見られないのが
 休日外出の良い点ですね。

 平日の昼間に外出するときは悪いことをしているわけでもないのに
 無駄にコソコソしてしまいます(−−ゞ
 特に私が住んでいるところは閑静な住宅街で近くに小学校があったりするので。

 おじちゃん、怪しくないよー。
 ちゃんと、お仕事もしてるんだよー。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:13 | 小説

GPS:鎌倉市役所 消えた大仏/木下半太

◆本の内容


京都市役所心霊相談課(GPS)の凛花と大吉は鎌倉市役所に出張し、不審死の原因を調査する。裏には怪しい宗教団体の教祖・笛吹玄心の影が見え隠れし、“鬼払い”の家業を持つ女子高生・暁奈々まで事件に巻き込まれ……。GPSシリーズ第2弾です。



◆感想


 しまったぁ!<( ̄◇ ̄;)>
 シリーズ物の第2作目でした。

 それは良いのですが、シリーズ物ゆえのマッタリ感があります。
 一応、事件が起きて解決はしますが、おまけみたいなものですね。
 ストーリーの核心となるであろう部分には、あまり触れられていません。
 思わせぶりなことが全部、思わせぶりなままで終わりました。

 1作目を読んでいないので断言はできませんが、
 1作目ほど盛り上がってはいないのではないでしょうか。
 布石を打つ巻、種まきの巻に見えました。

 ライトな雰囲気で読みやすかったですが、
 個人的には、あまり面白くn……ごほごほ(−q−;)

 1作目から順番に読んでいたら、また印象が変わったのでしょうけどね。
 ということで、読みたい人はシリーズ1作目から順番に読んであげてください。

◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近ちょびっとだけ残念なことがありました。
 と思ったら、今日ちょびっとだけ嬉しいことがありました(*´ェ`*)

 小さなことで一喜一憂しても仕方ないんだな〜と思いつつ、
 小さなことで一喜一憂できる自分が好きだったりもします(ノ∀`)

 ……えっ?
 何があったのか?ですか?

 ……(−−)

 とある冬季限定お菓子があってですね。
 いつもは仕入れている行きつけのスーパーが仕入れなくなったのです。

 ちっくしょう!
 あまり売っていなくて、このスーパーが希望の星だったのに!(−A−)

 とプンスカしていたら、行きつけのスーパーその2が
 仕入れるようになっていました(^^ゞ

 文字通りの意味でプラマイゼロな感じです(笑)

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 11:16 | 小説

公開処刑人 森のくまさん ―お嬢さん、お逃げなさい―/堀内公太郎

◆本の内容


二代目・森くま登場!『公開処刑人 森のくまさん』シリーズ?二作目です。前作でも登場したあの娘が主人公です。



◆感想


 ミステリーとしては可もなく不可もなく、
 小説としては「安定感:○」な感じでした。
 2つの流れで物語が進むのですが、その2つの関連性が
 かなり早い段階で推測できちゃったのですよね。
 そのため終盤の流れは「あぁ、やっぱり」でした。
 ありがちといえばありがちな気がします。

 ……と思わせておいて、おぉ!Σ( ̄◇ ̄;
 前作を読んでいると少しだけ「なるほどね」感が出そうな仕込みですね。

 本書は前作を読んでいなくても楽しめますが、
 前作を読んでいた方がより楽しめると思います。
 是非、前作『公開処刑人 森のくまさん』から読んであげてください。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、まったりのんびりデーです。
 力いっぱいグータラしまっす!(−−)☆

 とりあえずは積読本の消化ですね。
 勢いで買ってそのまま部屋の隅で出番を待っている本が多くなってきたので
 それと戯れることにします。

 今日も幸せな一日になりそうだわい(*´ェ`*)ぐへへ

スポンサーリンク

タグ:堀内公太郎
posted by ササキマコト at 08:22 | 小説