連続殺人鬼カエル男ふたたび/中山七里

◆本の内容


あのカエル男が帰ってきた!『連続殺人鬼カエル男』の続編です。



◆感想


 『連続殺人鬼カエル男』の続編です。
 興味が湧いた方は絶対に前作から読んであげてください。
 前作の流れや登場人物のキャラを把握していないと面白さ半減です。
 というか、多分、楽しめません。

 個人的には、単発のミステリーとしての面白さはイマイチでした。
 前作を踏まえて読むからこそ楽しめる一冊だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日スーパーに行くとウナギ(中国産)が半額で売っていました。
 定価980円(税別)ですよ。
 定価980円(税別)が半額になっていたのです。
 これは、お買い得な気がします。

 そういえば、しばらくウナギなんて食べてないなぁ(−q−)じゅるり

 ふと、気付いたらカゴに放り込んでいました(^^ゞ
 あぁ、いつの間にっ(ノ∀`)

 「スーパーのウナギなんてウナギじゃない!」という人もいるでしょうけどね。
 私はウナギを甘目の梅干し(ハチミツ漬けのやつ)と一緒に食べるのが好きなのです。
 あのコンビは、ご飯が止まらなくなりますよ(−q−)じゅるり
 お店だとウナギと梅干しを一緒に食べるのは難しそうですからね。

 ということで、昨日の晩御飯は「中国産半額ウナギ with 南高梅」でした。
 ご飯との相性が抜群で、うっひょー(*´ェ`*)

 ちなみに買ってきたウナギは、あと半身残っています。
 今夜もウナギだな、ぐへへ(−q−)じゅるり

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 08:23 | 小説

ドロシイ殺し/小林泰三

◆本の内容


アリス殺し』『クララ殺し』の続編?です。地球と別世界がリンクしていて、別世界で起きた事件の影響が地球にも表れるような世界観です。別世界で起きた事件の捜査を別世界と地球で行います。ちなみに本作のモチーフは『オズの魔法使い』です。



◆感想


 面白かったことは面白かったのですが、2点、残念な部分がありました。

 残念だったことの1つ目は帯です。
 帯に「『アリス殺し』から始まる邪悪で可愛い三部作」と書いてあったので
 「今作でシリーズ完結なの!?Σ( ̄◇ ̄;」と思ったのですが
 全然そんなことは、ありませんでした。
 「三部作」と言われると「3作で1つの作品」=「3作で完結」と感じるのは
 私だけですかね(−−?
 何となくですが、騙された感がありました。

 残念だったことの2つ目は主人公です。
 シリーズ通して、井森君(ビル)というキャラクターが出てきます。
 過去作では、この井森君(ビル)が主人公として話が進むのですが……
 本作では完全に脇役でした。
 狂言回しの役割すら果たせていません。
 いてもいなくても変わらない役どころでした。

 その2つに目をつむれば楽しめましたけどね。
 内容自体は面白かったです。

 ちなみに、興味を持った方は『アリス殺し』から
 順番に読んでいった方が良いと思います。

 話は直接的につながっていませんが、世界観がつながっています。
 前作までで説明された部分はサラっと流されていたりするので、
 順番に読んでいかないと混乱する場面が出てくる可能性があります。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、明日は歯医者さんデーです。
 数ヵ月に一度の定期検診です。

 よって今から念入りに歯磨きをしています。
 少しでも綺麗な歯で見栄を張るためです。

 しゃこしゃこ(−q−)

 しゃこしゃこ(−q−)

 しゃこしゃこ(−q−)

 よし!完璧(−皿−)☆

 さて、お昼食べよっと♪


 ……とか書いていて思ったのですが
 せっかく綺麗に歯を磨いても
 その後で何か食べたら意味ないですね(−−;

 まぁ、いいや。
 食欲を優先します(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:小林泰三
posted by ササキマコト at 11:49 | 小説

優しい死神の飼い方/知念実希人

◆本の内容


吾輩は犬である。名前はまだな……違う、違う。私は高貴な霊的存在である。人間からは……何だったかな。寒くて頭が回らないのだが……。おぉ、そうだ。確か「死神」だ。私は人間から「死神」と呼ばれる存在である。そんな高貴な私が何故犬の身体に入っているかというと高貴な使命のためである。私は未練を持つ者の未練を晴らす手伝いをし、その魂が死んだときに地縛霊化するのを阻止するために地上に派遣されたのだ。えっへん。そんな高貴な霊的存在でもある犬が、ひょんなきっかけから終末医療のホスピスに居候することになり、患者たちの未練を晴らす仕事をチマチマやっていたら、もっと大きな事件に巻き込まれる話です。



◆感想


 最初は連作短編風味な流れでミステリー的なネタがシンプルだったので
 「読みやすいけど仕掛けが単純だなぁ……」と少し残念に感じましたが、
 最後まで読んで「おぉ、面白かった」となりました。

 連作短編ではなく1つの長編だったのですね。
 私が「単純だなぁ」と感じた仕掛けは挨拶代りの小ネタだったようです。
 ふむふむ、なるほど。

 長編だから読み応えがありました。
 それでいて、読みやすかったです。
 文章自体も読みやすいのですが、何より主人公の犬(?)が……(^m^)ププッ
 高貴でありながらユーモアのセンスもあります。
 展開自体はシリアスですが、どことなくユーモラスな作品でした。

 本作の続編というか世界観がつながっている作品があるようなので
 そちらも読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、6月に入りました。
 月の初めは良いですね。
 「よし!今月は頑張るぞ!p(−−)q」と気合が入ります。

 まぁ、アレですけどね。
 日を重ねるごとに失速し、月末には「ぐで〜(O__)O」となるのが常ですけどね。

 それでも良いのです(−−)b

 「三日坊主、10個やれば1ヵ月!」の精神です(−−)☆

 ということで、6月も(ゆるい感じで)頑張りまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 08:00 | 小説