オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿/木下半太

◆本の内容


かつて「大阪」と呼ばれた地・オーシティ。今では世界一のギャンブルシティとして賑わっていた。オーシティで絵本を探す探偵「絵本探偵」を営んでいた羽田は、死神と恐れられる優男の刑事・愛染から「耳」を探すように強要される。報酬は羽田の命。そりゃー誰だって自分の命は大事だよね。ということで、しぶしぶ羽田は「耳」を探し始めるが……娼婦、逃がし屋、殺し屋夫婦、数学の天才、いろんな人間の思惑が絡み合って、えらいこっちゃになる物語です。



◆感想


 あらすじを読んで「耳」が何かの隠語だと思ったら、そのまんまでした。
 ということで、いろんな人が、とある「耳」を探す話です。
 一応、主人公らしき人物はいますが、雰囲気は群像劇です。
 いろんな人が、いろんな狙いで、いろんな行動をとります。
 それらの視点が切り替わりつつ全体の物語が構成されている形です。

 ある意味いつも通りです。
 木下さんの作品に慣れている人は抵抗なく読めると思います。

 個人的には、途中はとても楽しく読めたのですが、
 読後の満足感が、もう一歩でした。
 一ネタ仕込まれてはいますけどね。
 終盤の展開が割とあっさりしているように感じました。
 もう少し、どんでん返しや伏線回収が多い作品の方が好みです。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて「あっ!Σ( ̄O ̄;)」という間に11月になりましたね。
 そろそろ2017年も終わりに向かって加速がついてきました。
 油断していると、すぐに年末年始に突入しそうです。

 とはいえ、年末気分に入るには、まだ早いでしょう。
 穏やかな気持ちで年末年始を迎えるためにも
 ここは、もうひと踏ん張りしておきたいところです。

 ということで、適度にのんびりしつつ11月も頑張りまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 07:04 | 小説

浜村渚の計算ノート 8さつめ 虚数じかけの夏みかん/青柳碧人

◆本の内容


シリーズ9作目です。「砂の砂漠をはるばると」「高塚十兵衛最後の事件」「回るヨコハマ捜査線【前編】」「回るヨコハマ捜査線【後編】」の4編収録されています。後半の2つの話(回るヨコハマ捜査線)で黒い三角定規関連のストーリーが動きましたよ。



◆感想


 「これは、もしかして最終巻か?!」と思わせる雰囲気がプンプンでした。
 結局は最終巻じゃなかったですけどね。
 黒い三角定規関連の物語が動いたのは良かったです。

 かなり思わせぶりに終わりましたが、
 そこら辺は次巻でスパッ!と明かされると期待しています。
 まだまだ引っ張られると少し微妙かも……(−−;
 数学ネタが満載な話も嫌いではないのですが
 話の本筋が進まないとダレてきますからね。
 できれば次巻でも物語が動いて欲しいものです。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、ちょっくら先生っぽいことをしてみます。
 少しだけドキドキしています(−−ゞ
 でも、まぁ、新しいことを試してみるのは良いことです(*´ェ`*)
 せっかくの機会なので満喫しようかと思います。

スポンサーリンク

タグ:青柳碧人
posted by ササキマコト at 07:47 | 小説

ショートショートの広場(講談社文庫)

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 前回宣言した通り、1作目を読みました。
 これで1〜17まで制覇です(−−)☆
 何気に、このシリーズは20作くらい出ているようです。
 もうしばらくは隙間時間のちょっとした暇つぶしと
 パソコンをペチペチやってる途中で挟む気分転換の題材には
 困らなくて済みそうです。

 前回同様、本の感想じゃなくて、ごめんなさい。
 ショートショートは、どうしてもですね。
 たくさんの作品が収録されているから感想が書きにくいのですよ(−−ゞ

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、きれいさっぱり忘れ去っていましたが
 そういえば昨日はプレミアムフライデーでしたね。
 私は世の中のことに疎いので分からないのですが、
 どうなんでしょうか(−−?

 プレミアムフライデーって、まだ息してるの(−−?

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:38 | 小説