京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ/円居挽

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


時間や場所を問わず、京大構内で営業を始める「三号館」は、謎を持つ人しかたどり着けないという不思議なバー。妖艶な女マスターは、どんな悩みや謎もすっきり解決してくれるという。四つ葉のクローバータクシー、鴨川の川床、京都水族館、祇園祭…街歩きサークルの遠近倫人は、身近で起こった不思議な出来事の謎を「三号館」に持ち込んでみるが…。季節感溢れる古都で起こる不思議と恋。学生たちのほっこり京都ミステリー。



◆感想


 日常の謎系の連作短編集です。

 『丸太町ルヴォワール』のキャラがチョイ役で出てきますので
 読んでいるとニヤリとできます。

 全体的には軽いテイストで楽しめました。
 悪意のある話も1話か2話くらいです。
 それ以外は甘酸っぱい空気が漂っています。
 気軽に手軽に優しいミステリーを楽しむのに良い作品だと思います。

 思わせぶりなところが思わせぶりなまま終わったりして
 モヤモヤするところがなかったわけではありませんが、
 面白かったです。

 P.S.
  「いろいろ気になるところを残して終わったな〜」と思ったら
  続編が出ているようです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、やる気の神様が帰ってまいりました。

 遊び疲れているのか100%のやる気を提供してくれるところまではいきませんが、
 そこそこ「キリっ(−−)☆」とした気分にしてくれています。

 ということで今週後半は「頑張るデー」です。
 パソコンをペチペチしつつ、パソコンをペチペチします。

スポンサーリンク

タグ:円居挽
posted by ササキマコト at 08:04 | 小説

悪夢の水族館/木下半太

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


花嫁の晴夏は、「新郎を殺せ」と、ある人物から命じられている。晴夏の実家に何年も棲みつき、家族全員から「先生」と慕われている、深海魚似の醜い男、“洗脳師"深作だ。この男を追って、晴夏と同じホテルには、「洗脳外し」のプロや美人ペテン師が集結していた。彼らは救世主か、それとも……。誰を信じる!?生死を懸けた駆け引きに“全員"が騙される!



◆感想


 久しぶりの『悪夢の〜』シリーズです。

 過去作の登場人物がちょいちょい出てくるので
 本作を読む前に過去作を読んでおいた方が
 楽しめると思います。

 過去作に比べると若干パワーダウンしている気はしますが、
 懐かしのキャラが多数、登場したので個人的には楽しめました(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、少し遊び過ぎている気がします。

 そのため「そろそろ頑張らないとマズいかな?(−−;」という危機感が
 そこはかとなく湧いてきている状態です。

 ……が、やる気の神様がバカンス中でしてね。
 いまいち頑張る気が起きません(−−ゞ

 ダラダラやっても効率が良くないので、
 やる気の神様の帰還を待つのが得策でしょう。

 ということで、今週の前半は、のんびり過ごして、
 後半に頑張ります(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 05:04 | 小説

盤上の敵/北村薫

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子が人質にされた。警察とワイドショーのカメラに包囲され、「公然の密室」と化したマイホーム!末永純一は妻を無事に救出するため、警察を出し抜き犯人と交渉を始める。はたして純一は犯人に王手をかけることができるのか?誰もが驚く北村マジック。



◆感想


 レビューサイトで評価が高かったので読んでみました。

 本作は最初に「読んでも楽しい気分にはならないからね」的な
 注意書きが付いています。

 そして、その注意書きの通り、楽しい気分にはなれませんでした。

 完成度は高いと思います。
 最初は単純な立てこもり事件だったのがアレがアレになることで
 アレになってウッヒョー!です。

 ただ、テーマや心理描写の内容が重いので
 素直に「あー、面白かった」という気分にはなれませんでした。

 嫌ミス系が好きな人は楽しめるかもしれませんが、
 個人的な好みからは外れていました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙に身体が重くてダルいです(×_×;)

 結構、気合を入れて爆睡しているのですけどね。
 本調子とは程遠い感じです。

 プチ旅行の疲れが抜けていないのかな(−−;ゞ

 もう少しだけ、自分の身体を労わってやろうと思います。

スポンサーリンク

タグ:北村薫
posted by ササキマコト at 01:03 | 小説