このセカイで私だけが歌ってる/土橋真二郎

◆本の内容


噛まれたり傷つけられると自らも徐々にゾンビになってしまう。知能や記憶が残っているゾンビもいる。走るゾンビもいる。そんなゾンビに汚染された世界でしぶとく生きる人間たちの物語です。



◆感想


 これは表紙で損をしている感じですね。
 表紙を見て「いっぱい女の子が出てくるデスゲームでしょ?」と思ったのですが
 違いました。

 土橋さんの作品で多い舞台設定、デスゲームでは、ありません。
 ゾンビがいる世界で生きる少年たちのサバイバル物語です。

 ゾンビ物だからでしょうが、少しだけ『ドーン・オブ・ザ・デッド』を見たときと
 印象が被りました。
 結末は救いがあるのかないのか分からない状態だったりしますが
 ゾンビ物というのは基本的にそうですからね。

 ゾンビ物の基本を押さえつつ土橋さんらしさも感じる作品になっていると思います。
 個人的には、とても楽しめました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、本屋さんに行ける機会が多くてですね。
 ついつい誘惑に負けて本を買ってしまいます。

 そのせいか積読本の量が日増しに増えている状態です。

 幸せ(*´ェ`*)

 とはいえ、本は積むためにあるのではありません。
 読むためにあるのです(−−)☆

 ということで、6月は意識して読書時間を確保しようと思います。
 スマホいじってる場合じゃねぇ!(「笹食ってる場合じゃねえ!」のノリで)

スポンサーリンク

タグ:土橋真二郎
posted by ササキマコト at 03:48 | 小説

六本木ヒルズの天使/木下半太

◆本の内容


不本意な形で殺された人がモンスターとして蘇ってしまい、殺した奴に復讐するのを吸血鬼が手伝ってくれる連作短編集です。「東京湾の人魚」「井の頭線のフランケンシュタイン」「新宿二丁目の狼男」「築地卸売場のゾンビ」「六本木ヒルズの天使」「浅草花やしきの河童」の6編が収録されています。



◆感想


 あー、この方は短編より長編の方が面白いですね。

 全体的な雰囲気はコメディです。
 ちょっとズレた吸血鬼と深刻な雰囲気に欠けるモンスターの掛け合いが
 主な楽しみどころだと思います。

 今まで読んだ木下半太さんの作品は
 後半のどんでん返しの連続が読みどころでした。

 本作も決して面白くなかったわけではないのですが、
 短編のせいか、どんでん返しっぽい部分がありません。
 そのため、少し物足りなく感じました。

 ちなみに本作には吸血鬼が出てくるのですが、その吸血鬼は
 『美女と魔物のバッティングセンター』に出てきた奴と一緒です。
 『美女と魔物のバッティングセンター』を読んでから本作を読むと
 より楽しめるかもしれません。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、微妙に風邪を引きそうな気配を感じています(−−ゞ

 ……と何回か書いたのですが、結局、風邪を引きませんでした(−−;
 あれ?おかしいな。
 ニンニクを、いっぱい食べたからかな(−−?

 まぁ、良しとしましょう。
 お陰様で何となく復活しましたp(−−)q

 ということで、警戒態勢を少し緩め、日常モードに戻ります。
 元気いっぱい月末の経理処理をやりますよ(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 07:29 | 小説

極楽プリズン/木下半太

◆本の内容


終電を逃し、始発までの時間を潰す目的でバーに入った理々子は、柴田という男と隣り合う。理々子は暇つぶしに彼の話に耳を傾けるが……。最近まで彼は、とても奇妙な刑務所にいたそうだ。その刑務所は飲酒OK、ジムやシアタールームがあり、挙句の果てには脱獄まで自由らしい。そんな極楽のような刑務所の話を聞くうちに理々子は奇妙な不安感に襲われる。みたいな話です。



◆感想


 読んでいる最中の印象と読み終えた後の印象が随分と違う話でした。

 基本的には得体のしれない話です。
 何とも言えない不気味な空気が流れています。
 薄ら寒ささえ覚えました。

 ところがどっこい、読み終えた後は奇妙な爽やかさを感じました。
 おいおい、なんか良い話っぽくなってるじゃないか。

 ついでに、最後まで読み終えた後でタイトルを見ると……。
 なるほどね!

 木下さんの作品にしては後味が良すぎるような気はしましたが、
 全体としては楽しめました。
 結末のどんでん返しっぽい何かもあったので満足です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、スマホになったわけですが、
 フリック入力に苦戦しております(;´A`)


 ぽち……ぽち……(−−)σ


 ぽち……ぽち……(;−−)σ



 ぽち……(#−−)σ



 ふんがぁ!(#ノ−−)ノ ⌒ [スマホ]


 けっ!(−A−)、

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 16:27 | 小説