アヒルキラー/木下半太

◆本の内容


被害者は美人、顔はぐちゃぐちゃに潰され、現場には必ずアヒルのオモチャが残される。そんな連続殺人事件が起こっていた。警察は犯人を「アヒルキラー」と名付け、必死に捜査を進めるが……。50年以上前の「家鴨魔人」の事件と手口が似ていたり、認知症になっている主人公の祖父「伝説の刑事」が召喚されたり、てんやわんやで、どったんばったんでした。サイコミステリー?サスペンス?です。



◆感想


 木下半太さんの作品にしては疾走感が控えめでしたが、
 その分、読み応えがありました。

 多視点で物語が進み状況は複雑に絡み合っています。
 ……が、分かりにくくはありませんでした。
 むしろ、スッキリしていて読みやすかったです。
 思い返すと展開は結構ごちゃごちゃしているのですけどね。
 読んでいるときには感じませんでした。
 面白かったです。

 シリーズ化されて2作目も出ているようなので
 機会があったら読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、台風が来ると聞いて、めっちゃ備えていたのですが
 結果として「雨降ったかな?」程度でした。
 引きこもる前提で食料を買い込んだのになぁ(´・ω・`)

 ……あれ(−−?
 1日勘違いしていたかな(−−?

 今調べてみたら4日の夜から5日の朝にかけてが
 台風さんの攻撃だったのですね。
 私は5日の夜から6日の朝にかけて攻撃されると
 勘違いしていました(^^ゞ

 どおりで穏やかな夜だったわけですな(−−ゞ
 ドンマイ!ヾ(´∀`)ノ

 雨が降った日は比較的涼しいですが
 基本的には、これからガンガン暑くなっていくようですね。
 みなさんも熱中症には気を付けてください(−−)ノ
 私も、今年はケチケチしないでエアコンを使うつもりです(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 05:33 | 小説

嗤う淑女/中山七里

◆本の内容


稀代の悪女・蒲生美智留。彼女が少女から大人になるまでの物語です。



◆感想


 う〜ん……個人的には微妙でした(−公−;

 描写の中心は「蒲生美智留」という女性の生き様と
 彼女に影響されて犯罪に手を染めてしまう周囲の人々です。

 決して面白くなかったわけではないのですが、
 どこが楽しみどころか考えているうちに終わってしまいました。
 中山七里さんの作品としては異色の部類に入ると思います。

 悪女が活躍(?)するダークヒロイン物なので
 好きな人は好きだと思いますけどね。
 私は、もう少しミステリーっぽいミステリーの方が好みです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、早起きが習慣になってきました(−−)☆
 良い傾向です。

 その分、お昼寝しないと1日もたないのですけどね(^^ゞ
 朝の静かな時間帯に「キリッ(−−)☆」とするのは
 それなりに有意義な気がしています。

 まぁ、実際には「キリッ(−−)☆」ではなく
 「眠い……(−−)」なのですけどね。
 それでも早起きは良いはずです。

 うむ、眠い(−−)

 今までの傾向からいくと
 そろそろ早起きに飽きてくる時期です。

 できるだけ長い期間維持できるように
 頑張りまっすp(−−)qZzz

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 06:08 | 小説

記憶破断者/小林泰三

◆本の内容


とある事故がきっかけで記憶が数十分しか持たなくなってしまった田村二吉は、他人の記憶を「上書き」できる男・雲英に出会ってしまった。雲英は能力を活かしてやりたい放題、殺人さえ日常的にこなしている。それを見過ごせなかった二吉は雲英との対決を決意するが……。記憶が続かない男 vs 記憶を書き換えられる男な異能力?バトルです。



◆感想


 設定にワクワクして、読み進めてドキドキできました。
 全体で考えれば面白かったです。

 強いて言えば、オチがもやもやしましたけどね。
 結局、あの女は誰なんだろう?
 題材が「記憶」なだけに意図的にぼかされている部分もあって
 スッキリしない部分は残りました。

 とはいえ、そこら辺を差っ引いても面白かったです。
 一気読みでした。

◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、7月に入りました。
 2017年も折り返しです。

 はえーなー(;´A`)

 7月は何をやろうか、ちょっとだけ迷っています。
 特にやることがないのですよね(−−ゞ

 青春18切符のシーズンなので、
 ふらっと電車の旅でもしようかなぁ。

 それとも、引きこもって、
 さらなる収入アップを目指そうかなぁ。

 あるいは、ドラクエも出るし
 ゲーム三昧な生活でもしようかなぁ。

 迷います(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:小林泰三
posted by ササキマコト at 12:16 | 小説