職場、好きですか?/眉村卓

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


会社という場所には、ときに不可思議な人たちがいて、奇妙なできごとが起こる。美人で優秀な女友達が入社試験に落ちた理由、頼りになる先輩OLが隠していたこと、停滞恐怖症の男が過ごす夏期休暇。もしかしたらあなたの周囲にもあるかもしれない、ごく普通の日常の中に埋もれている非日常の世界を描いたSFショートショート集。



◆感想


 会社が舞台のショートショート集です。
 一見すると普通の日常ですが……。

 独特の空気感があり、好きな人は好きだと思います。
 個人的には、もう少し分かりやすいオチが付いている作品の方が好きですが、
 ちょいちょい好みの話もありました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は、ちょっくら頑張っています(−−)☆
 ガッツリ大きなことをやっているわけではないのですけどね。
 チマチマした部分を地道にやっています。
 例えば『わわわIT用語辞典』の用語説明に用語の英語表記を追加したりです。
 ひとつひとつは、ちょっとした作業なのですが、数が多いので結構、大変(−−ゞ

 それはともかくですね。
 最終系のピヨピヨカレーが美味い(−q−)じゅるり
 鳥・豚・牛のうまみが凝縮され、ニンニクの香りと野菜の味わいが混然一体となって
 うんちゃらかんちゃら。










 そろそろカレーに飽きてきました(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:眉村卓
posted by ササキマコト at 03:07 | 小説

座敷童子の代理人3/仁科裕貴

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


遠野が美しい雪化粧に包まれる季節、平穏な「迷家荘」に新たな珍客登場!?旅館の見習い番頭として働く緒方司貴の前に“座敷童子コンビ”の過去を知るという“女の子の座敷童子”が現れ―。ひと悶着を起こす座敷童子少女・律のほか、半妖のさとり少女、好々爺のぬらりひょんなど、遠野の旅館には問題ありの妖怪や人間とともに、相も変わらず笑いや涙も集まってしまうようで…。そんな中、妖怪たちが持ち込む無理難題で司貴&童子の関係にヒビが?どうするどうなる座敷童子コンビ!?



◆感想


 シリーズ第三作目です。
 だいぶ、登場人物が増えてきました。
 できれば刊行順に読んであげてください。
 人間関係の相関図が頭に入ってないと少し読むのが大変かもしれません。

 前作までが楽しめた方なら本作も楽しめるはずです。
 ミステリー的な要素もあり、人情もの的な要素もあり、
 ラブコメ?的な要素もあ……るのかな?やっぱり、ないかな?であり、
 のんびり楽しめます。

 個人的には当たり外れを気にしないで安心して読めるシリーズです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、11月も最終週に入りました。
 きっと、あっという間に年末になり、
 あっという間に来年になるのでしょうね。

 それはともかく、熟成されたカレーが美味い(−q−)じゅるり

スポンサーリンク

タグ:仁科裕貴
posted by ササキマコト at 13:52 | 小説

天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


その病気(ナゾ)、命にかかわるぞ? 炭酸飲料に毒が混入された、と訴えるトラック運転手。夜な夜な吸血鬼が現れる、と泣きつく看護師。病室に天使がいる、と語る少年。問題患者の巣窟たる統括診断部には、今日も今日とて不思議な症例が舞い込んでくる。だが、荒唐無稽な事件の裏側、その“真犯人”は思いもよらぬ病気で……。破天荒な天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が“診断”で解決する新感覚メディカル・ミステリー第2弾。



◆感想


 ライトノベル風味の医療ミステリーです。
 一応シリーズ物ではありますが、本作単体でも楽しめます。
 刊行順に読んだ方が人間関係は把握しやすいですが、
 そこまで気にする必要もないでしょう。

 医療ものなので専門用語がちょいちょい出てきますが、難しさは感じませんでした。
 ただし、提示される謎の根幹に医療知識が関わっていたりもするので、
 謎解きを楽しみたい人は(医学に疎いのであれば)楽しめない可能性があります。

 個人的には、登場人物同士の掛け合いが楽しみどころだと思っています。
 破天荒な天才型とサポート役の常識人の組み合わせです。
 ありがちといえばありがちですが、その分、安心感を持って楽しめました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、土日は雨が降るようなので引きこもることにしました。
 その間のご飯は全部カレーにするつもりで材料を揃えています。

 そろそろピヨピヨカレーの解禁時期ですからね(−−)☆

 ピヨピヨカレーは最初チキンカレーです。
 具材が少なくなってきたら、豚肉を追加します。
 また具材が少なくなってきたら、今度は牛肉を追加します。

 そんな感じで「追い具材」をするので、
 カレー生活が3日から1週間くらい続くのですよ。

 そのため、寒い時期じゃないと作れなかったりします。

 いえ、その気になれば夏場でも作れますけどね。
 食中毒が怖いじゃないですか。

 もちろん適切に管理すれば大丈夫なのでしょうが、
 そこまで私は私を信用していません。
 安全を期すために寒い時期しか作らないと決めています。

 ということで、この土日は冬季限定・ピヨピヨカレーを満喫します(−−)☆

 P.S.
  正露丸は常に買い置きしているので、
  不測の事態が起きても大丈夫です(−−)b

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 03:27 | 小説