ショートショートの花束3

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 困ったときのショートショートです。
 隙間時間に読めるからサクサク読み進められるし
 感想もあんまり書かなくて済む(書けない)から楽だし重宝しています(笑)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、年末年始に読むための本を
 楽天とかAmazonさんで大人買いしました。

 軽く30冊くらい(*´ェ`*)

 運送会社のお兄さん、ごめんなさい(−人−)
 5回くらいに分けて注文したから
 少しはマシだと思います(−人−)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:03 | 小説

AIに負けた夏/土橋真二郎

◆本の内容


失恋したばかりの大学生・秋山明は、AIを介することで成功率が百パーセントの恋愛シミュレーションに参加する。秋山の相手をするのは実在する女性のデータをインプットしたアンドロイドだった。アンドロイドを通じて秋山は彼女と疑似デートを行うが……。甘く切ない恋愛ミステリーです。



◆感想


 おぉ、土橋さんの新境地っぽい作品ですね。
 いままでとは一味違った恋愛ミステリーでした。

 ぶっちゃけミステリーとしては捻りがない感じもしましたが
 収まるべきものが収まるべきところに収まった感じがあり
 「うるっ(T^T)」とさせられました。

 変に読者の裏をかこうとして読み味を台無しにしている作品もありますからね。
 綺麗に進んで綺麗に終わっていたのが、とても良かったです(*´ェ`*)

 ということで全体的に満足度は高かったのですが
 「あとがき」という名の本編がなかったのが少し残念でした。
 土橋さんの作品で一番面白いのは
 世間一般で「あとがき」と呼ばれる作品だと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は頑張る日にしました。
 きりっと、しっかり、やったります(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:土橋真二郎
posted by ササキマコト at 10:04 | 小説

ミステリークロック/貴志祐介

◆本の内容


防犯探偵・榎本シリーズの短編・中編集です。「ゆるやかな自殺」「鏡の国の殺人」「ミステリークロック」「コロッサスの鉤爪」の4編収録されています。物理トリックが中心のミステリーです。



◆感想


 私が楽しめた順番に並べると

 1.ゆるやかな自殺
 2.コロッサスの鉤爪
 3.鏡の国の殺人
 4.ミステリークロック

 です。

 個人的には「ゆるやかな自殺」が一番好みでした。
 コンパクトにまとまっていてトリックもシンプルで面白かったです。

 一方で表題作の「ミステリークロック」はイマイチでした。
 ごちゃごちゃしていて私には複雑すぎました。
 物理トリック系のミステリーが得意でない人は
 楽しめない可能性が高いと思います。

 全体的に専門知識に基づいたトリックが多いので
 ミステリーとしては「ふ〜ん(−−)」って感じでした。

 美人?弁護士・青砥純子せんせーのズッコケ推理や探偵役・榎本との掛け合い、
 ちゃっかりした性格がにじみ出ていることによるコメディ感は面白かったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙な頭痛が続いています。
 頭、痛い(−公−)

 別に深刻な痛さではないのですけどね。
 「痛い」というよりは「重い」と表現した方が相応しい気がするくらいで
 作業とかができなくなるほどではないのですが……。
 鬱陶しいものは鬱陶しい!(−A−)

 ということで、この頭痛の不快さを幸福感で上書きするために
 ちょっとお高めのアイスを食べることにしました。

 最近のマイブームはスーパーカップの苺ショートケーキ味です。

 ……あっ、間違った。
 エッセルの苺ショートケーキ味です。

 「スーパーカップ」がブランド名だと思っていたのですが
 「エッセル」の方がブランド名らしいっすよ?;−−)b

スポンサーリンク

タグ:貴志祐介
posted by ササキマコト at 00:19 | 小説