時砂の王/小川一水

◆本の内容


邪馬台国の女王・卑弥呼が物の怪に襲われた。間一髪で助けてくれた男は未来から来たらしい。物の怪は人類を滅ぼそうとしている悪い機械なのだそうな。助けてくれた男"使いの王"と共に卑弥呼は物の怪との戦を始める。タイムリープ物のSF長編です。



◆感想


 タイムリープで、放浪の旅で、悲恋で……。
 設定は少しだけややこしいですが、ストーリー自体は結構単純です。
 登場人物たちの心の機微が楽しみどころでしょう。
 どこがどうとは説明しづらいのですが読み応えはありました。

 結末は、あっさりしています。
 とはいえ、途中から「多分、こうなって終わるんだろうな」と予想はついていました。
 他に落としどころがなさそうだったので。

 私は予想がついていたので拍子抜け感はありませんでしたが、
 人によっては物足りなく感じるかもしれません。
 そこだけ少し心配です。

 全体的には面白いと思いますけどね。
 SFとか人間模様が好きな人は楽しめると思います。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、右手の親指の付け根あたりが微妙に痛いです(−A−)
 キーボードを打つのが結構大変です(つд`)

 ねんざとか突き指とかそっち系の痛さなので
 安静にしていれば治ると思うのですけどね。
 パソコンをポチポチしないわけにもいかないので
 ちょっと困っています。

 取りあえず湿布でも貼っておこうかな(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:小川一水
posted by ササキマコト at 04:48 | 小説

掟上今日子の旅行記/西尾維新

◆本の内容


今日子さんと厄介君がラブラブ旅行?怪盗淑女の罠にかかり今日子さんが怪盗としてエッフェル塔を盗もうとする話です。忘却探偵シリーズ第八弾です。



◆感想


 今日子さんが怪盗?!
 エッフェル塔を盗む?!
 とハテナマークいっぱいで読み始めましたが、なるほど、なるほど。
 そうなって、そうなるわけですね。
 ふむふむ。

 強引といえば強引ですが、上手くオチをつけたと思います。
 さすが西尾維新さんですね!

 とはいえ、大きな謎も残りました。
 1日目の夜、今日子さんと厄介君は何をしたのでしょうか。
 うーん、謎です(棒読み)

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は待ちに待ったエアコン修理デーです。
 「待ちに待った」とか言いつつ、
 まだエアコンを使う予定はないのですけどね。
 当分は扇風機とコタツで乗り切るつもりです。

 いや〜、それにしても自分の運の良さにほれぼれしますね。
 何だかんだで故障発覚から修理まで1週間です。
 これが7月のメッチャ暑い時期だったら……死んでました(〜_〜)

 季節外れに何となくエアコンをつけて
 ピンポイントで故障を発見したのです。
 壊れたこと自体はしょんぼりですが、
 タイミングとしてはバッチリではないでしょうか(−−)☆




 そう考えて自分を慰めています(つд`)
 各方面に連絡したり予定調整するの面倒くさかったです(−A−)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 07:31 | 小説

人形はライブハウスで推理する/我孫子武丸

◆本の内容


腹話術師の持つ人形が探偵役のシリーズ物ミステリーです。今回は短編です。



◆感想


 シリーズ物です。
 本作単体でも読めますが、できれば1作目から順番に読んであげてください。
 シリーズの中心人物2人が……な展開なので、
 前作までを読んでキャラに愛着が湧いてからの方が
 本作は楽しめると思います。

 ミステリーとしては可もなく不可もなくな印象でしたが
 キャラ物として楽しめました。
 まだ読んでいない作品があるので、読んでみようと思います。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、エアコンが壊れました(−A−)
 ダイキン製のエアコンですが「U4」なエラーが出ました。
 コンセントを抜いてしばらく経ってから入れ直しても
 状況は改善しません。
 素人の手に負える状況ではなさそうです(−−ゞ

 最後に使ったのは暖房の時期です。
 今日は暑かったので久しぶりに……と思ったら
 動きませんでした。

 管理会社に連絡を入れたいところですが
 休み明けまで待たないといけません。
 この土日はエアコンなしで過ごします。
 ……って、もともと、そんなに使ってないのですけどね。

 取りあえず、本格的に暑くなる前に分かっただけ
 良かったと思うことにします(−−;

スポンサーリンク

タグ:我孫子武丸
posted by ササキマコト at 21:58 | 小説