極限冷蔵庫/木下半太

◆本の内容


女子大生の詩乃は居酒屋バイトの閉店作業中に店長と共に業務用冷蔵庫に閉じ込められた。最初は事故かと思った詩乃だが、なぜか庫内の温度が下がっていく。誰かが私たちを殺そうとしているのか?命の危険を感じた詩乃と店長は冷蔵庫を操作している人物を特定して説得しようと試みるが……。業務用冷蔵庫に閉じ込められた2人の会話と回想と独白で進む物語です。



◆感想


 前作の『極限トランク』よりパワーアップしていました。

 前作は閉じ込められたのが1人でしたが本作は2人です。
 閉じ込められた者同士の「会話」が要素として追加されています。

 また、詳細を書くと前作のネタバレになるので控えますが、
 後半部分が前作よりもパワーアップしているように感じました。
 多少、荒唐無稽で強引な持っていき方ではありましたが
 読み手を楽しませようという気持ちが感じられて良かったです。

 「ちょっとご都合主義かな?」と感じる部分はありましたけどね。
 個人的には楽しめました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はジャンプデーです。
 つまり、月曜日です(−−)b

 ……(−−)

 あとは何を書きましょうね?

 たまに、こういう日があります。
 書くことが綺麗サッパリ何も思い浮かばない日です。

 まぁ、これしきのことで私は慌てませんけどね。
 なぜなら「書くことがなくても適当に踊っておけば誤魔化せるだろう」とか
 思っているからです。

 よっ!ヾ(−−ヾ)

 ほっ!(ノ−−)ノ

 はぁ!\(−−)/

 今日も一日、適当に頑張りまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 07:20 | 小説

極限トランク/木下半太

◆本の内容


耳原敏夫は全裸でトランクにいた。順風満帆な生活を送りながらも物足りなさを感じていた敏夫は、ある日「人生のコーディネーター」を名乗る男に会う。「人生には刺激が必要や」という男の誘いに乗った敏夫は妻子に内緒で名古屋へと向かうが……。トランクに詰められた主人公の回想と独白で進む物語です。



◆感想


 面白かったです。
 主人公はトランクに詰められているだけ、
 ビックリするくらい動きがありません。
 そのため主人公の回想がメインなのですが、
 それでも「次は、どうなるんだ?」と先が気になって仕方ありませんでした。

 この著者の方は限定された条件下で話を転がすのが上手いですね。
 状況は動かないまま回想と独白だけで読ませる力がスゴいです。

 本書を面白いと思った方で、まだ『悪夢のエレベーター』を読んでいない場合は
 ぜひ『悪夢のエレベーター』も読んであげてください。
 個人的には本書よりも『悪夢のエレベーター』の方が傑作だと思っています。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2017年分の確定申告が無事に終わりました\(−−)/
 これで心置きなく2018年を迎えられます。

 申告自体はe-Taxでやっているから楽チンなのですけどね。
 エネルギーを使うのは所得税の納付です。

 頭では分かっているのです。
 分かっているのですが……。
 やはり、まとまった現金が「さよ〜なら〜(T_T)ノシ」と旅立っていくのは
 毎年のことながら切なくなります(´−ω−`)

 有意義に使ってもらえよー(´−д−`)ノシ

 とか言ってるうちに「住民税を納めろ!」な案内が来たり
 「国民健康保険料を納めろ!」な案内が来たり
 「国民年金を納めろ!」な案内が来たりするのですよね。

 ということで確定申告の時期から6月くらいまでは
 出費に対して心を無にすることにしています(´−ω−`)

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 13:01 | 小説

ショートショートの花束 8

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 むにゃむにゃ( ̄〜 ̄)Zzz・・


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、みなさん、おはよーございmむにゃむにゃ( ̄〜 ̄)Zzz・・

 昨日は日付が変わる前に寝たのですけどね。
 目が覚めたのは14時過ぎでした
 しかも、まだまだ寝られるくらいに眠い(−−;

 ……(−−)

 こんな日は中途半端に何かをやってもダメだと思うのです。
 ミスが増えて、そのリカバリーで時間を取られる事態になるのがオチです。

 うん、きっと、そうだ。
 そうに違いない。

 ということで、今日は、もう寝ます。
 おやすみなさい(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 15:05 | 小説