賛美せよ、と成功は言った/石持浅海

◆本の内容


予備校時代の仲間の成功を祝う祝賀会にて、突然、参加者の一人が恩師の頭をワインボトルで殴りつけて殺した。その場に居合わせた碓氷優佳は、その出来事に"ある人物"の作為を感じる。優佳は真相を暴くべく行動を開始し……。恩師の死を悼む酒の席にて、優佳と"ある人物"の高度な心理戦が始まった。碓氷優佳シリーズの5作目です。



◆感想


 この本は、シリーズ物です。
 巷では「碓氷優佳シリーズ」とか呼ばれています。
 『扉は閉ざされたまま
 『君の望む死に方
 『彼女が追ってくる
 『わたしたちが少女と呼ばれていた頃
 そして本書と、すべてに碓氷優佳という女性が出てきます。
 ストーリー的な繋がりは薄いので、それぞれの作品単独でも読めますが、
 背景を把握しておいた方が楽しめるはずです。
 できれば刊行順に読んであげてください。
 特に本書は『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』を読んでからの方が
 余計な疑問を感じなくて済みます。

 さて、それでは本作の感想ですが……まず読む前に思いました。
 「この本、薄いなぁ(−−;ぼったくってる気がするなぁ(−−;」って。
 全部で190ページ弱ですからね。
 前作の『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』を読んだときも思いましたが
 これで840円(税別)は、ちょっと高いんじゃないでしょうか。
 このシリーズは全体的にページ数に対する価格設定が強気な気がします。

 中身は面白かったですけどね。

 ページ数の割りにはガッツリしっかり読み応えがありました。
 内容も、ある意味、いつも通りです。
 論理思考のぶつけ合いで心理バトルです。
 碓氷優佳シリーズが好きな人は、きっと本作も満足できるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、雨が続いていますね。
 お洗濯するタイミングが難しくて少し困っています(−−;
 来週も前半は雨が続きそうなので
 諦めて雨でも洗濯した方が良さそうですね(−−ゞ

 残りのパンツの枚数を数えつつ、
 手遅れになる前に洗濯しようと思います。

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 10:21 | 小説

ショートショートの広場(9) (講談社文庫)

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 最近ショートショートばっかりな気がしますが、ご容赦くださいm(__)m
 隙間時間で読めるし区切りが良いところで読み止めるのも簡単だしで
 重宝しているのです。

 パソコンをペチペチやっていて「あ゛ー!飽きた!」となったときに
 2、3作読んで「めんたるりせぇっと!\(−−)/」したら
 パソコンペチペチに戻るリズムがついてしまいました。

 ということで、ぶっちゃけ中身の印象はあまり残っていませんが
 ちょっとした気分転換に大活躍しているシリーズです。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、おニューのコタツ布団がデビューしました(−−)☆

 ……のは良いのですけどね。


 速攻でビールをこぼしてしまいました_| ̄|○


 金麦ではなくプレモルだったのが救いでしょうか(−−ゞ
 コタツ布団さんも高い酒が飲めて満足しているでしょう。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:09 | 小説

悪魔を憐れむ/西澤保彦

◆本の内容


タック&タカチシリーズの短編集です。「無間呪縛」「悪魔を憐れむ」「意匠の切断」「死は天秤にかけられて」の4編が収録されています。タックやタカチが大学を卒業した後の物語です。



◆感想


 あぁ、これってタック&タカチシリーズだったのですね(´−ω−`)
 このシリーズは、嫌いではないのですが絶賛するほど好きでもないので
 ふっつーのテンションで読みました。

 ただし、読むときは注意が必要です。

 お酒を飲んだりおつまみを食べたりする描写が無駄に多いのです。
 読んでいるとビールやウイスキーを飲みたくなる危険性があります。
 本作も、やっぱり飲んでばっかりでした。
 お酒が好きな人は、ご注意ください。

 今回は短編が4作収録されていますが、
 表題作の「悪魔を憐れむ」が一番、好みでした。
 決して読後感は良くありませが、
 練りに練られた感じがして面白かったです。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は雨が降っているせいか寒いです。
 これはアレですね。

 新・コタツ布団のデビュー戦!\(−−)/

 ということで、例年に比べると大分遅いのですが
 コタツを出します(−−)☆

 おニューのコタツ布団と共に(*´ェ`*)

 ぬくぬくコタツムリライフを満喫するじぇい!(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 07:57 | 小説