自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方/ちきりん

◆本の内容


「生産性をあげて、作り出した時間で自分のやりたいことをやりましょう」な内容をちきりんさんの視点で深く掘り下げた本です。



◆感想


 書いてあることは

 1.生産性を上げろ
 2.自分の時間を勝ち取って好きなことをやれ

 です。
 それを、視点を変えたり例を挙げて掘り下げています。

 書いてある内容には思いっきり共感できました。
 私自身が漠然と指針にしている内容を言語化していただいたような気分です。
 自分の立ち位置と今後の方向性を再確認する上で、とても有用でした。
 文章も、そこまで砕けた感じでもないのですが読みやすかったです。

 ……とベタ褒めですが、誰にでも薦めたいかといえば微妙です。
 私自身が自分の時間をどこに投入するか自由に選べる立場であり、
 常に時間の使い方を意識しているからこそ共感できた気もしています。
 相手に合わせ相手を優先することが求められる立場、
 たとえばサラリーマンの立場で実践するのはハードルが高い気がしました。

 てか、この本に書いてあるようなことが実践できなそうだから
 私はサラリーマンを辞めたわけだし(−。−)ぼそっ

 ということで万人にとって有用かは微妙な気がしますが
 私には「波長が合う」一冊でした。
 「うん、有意義な読書だった(−−)☆」と感じています。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、13日の金曜日になりました。
 13日の金曜日って、意外と頻繁にあるんですってね。

 それはともかく、待ちに待った息抜きデーです(*´ェ`*)

 この日のために、昨日、一昨日と寝る間も惜しんで頑張ったのです。

 今日はヾ(−−ゞ)

 力いっぱい(ノ−−)ノ

 遊ぶぞー!\(≧▽≦)/

 いーやっほぉ!ヾ(´∀`)ノ

 深夜帯に浮かれておりますが、
 ちょっとだけ、寝て起きたら夕方な気もしています(−−;

 ……ピヨピヨ目覚ましに加えて、禁断の大音量目覚ましもかけとこっと。

スポンサーリンク

タグ:ちきりん
posted by ササキマコト at 02:22 | ビジネス書

ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セールス文章実践ドリル/竹内謙礼

◆本の内容


いわゆる「売れる文章」を書くためにはどうすればいいかを勉強するための本です。タイトルの通りドリル形式で、例題+解説な構成です。ホームページに載せる紹介文や、メルマガ、ビジネスブログ等の文章を書く人向けの内容になっています。



◆感想


 ケース・スタディなので、具体的な状況をイメージしやすいと思います。
 「この手を文章を書くときは、ここら辺に気を付けた方が良いのね」と
 シチューションに適した内容を学べます。

 「書く」立場の人は当然として「読む」立場の人も
 読んでおいて損はない内容だと思います。
 知っていれば、他人の書いた紹介文を読んだときに
 「あぁ、この部分はアレを意識して書いたんだろうな」と
 ニンマリできるはずです。

 個人的には少し読みたい分野と違ったのですが、
 それなりに有意義でした。
 興味がないところは、結構、流し読みしちゃいましたけどね(^^ゞ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて……2016年が終わりますね!<( ̄◇ ̄;)>
 残り、あと1日ちょっとです、1日ちょっと。
 あと1日ちょっとで2016年が終わります。

 このブログの更新も2016年は最後です。
 毎年恒例の1年の振り返りをしておきます。

 えっと、2016年のぴよぴよキャッチフレーズは
 「スリム化2016」でした。

 ……うん(−−)

 全然ダメ(−A−)

 「スリム化?何それ?美味しいの?」ってくらい
 できませんでした。
 むしろ、いろいろ逆に増えたくらいです。

 他にもいくつか目標があったのですが、到達できず。
 惜しいところまで行ったのもありましたけどね。
 完全に満足できる結果にはなりませんでした。

 残念(´・ω・`)
 2017年はリベンジしたいです。

 2017年のぴよぴよキャッチフレーズは何にしようかなぁ(−−ゞ
 今日、明日でじっくり考えます。

スポンサーリンク

タグ:竹内謙礼
posted by ササキマコト at 19:49 | ビジネス書

ビジネスパートナーと最強の人間関係がつくれる 島耕作の名言集: 「運」も「人」も味方につける100のコツ/森山晋平

◆本の内容


マンガ島耕作シリーズに登場する名台詞がデデーン!と出てきて、その台詞が登場するマンガのシーンと、その解説が載っています。マンガと文章が半々の構成です。



◆感想


 マンガのワンシーンを抜粋しているので読みやすかったです。
 個人的には、ビジネス書というよりは
 島耕作シリーズのファンブックに近い印象を受けました。
 シリーズを読んでいる人なら「あぁ、あのシーンか」
 「そうそう、こんなのもあったなー」と懐かしくなれると思います。

 ビジネス書と捉えると、今の時代にはそぐわない部分もあります。
 とはいえ、天下の島耕作シリーズですからね。
 今の時代でも十分通用する内容も少なくありません。
 パッと流し見て自分の気に入った部分を拾い読みするだけでも
 有意義だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、世間の雰囲気はクリスマス・年末っぽい感じになってきましたね。
 外を歩いていると……ゴホゴホ咳き込んでいる人も少なくありません(−−;
 しかも、なぜか中年以上のおっさんかじーちゃんが、ほとんどなんですよね。
 口に手もあてず、ゴーホゴホしている人たち。

 そんなときは、さっヾ(−−ゞ)さっ(ノ−−)ノと
 風邪菌を華麗にかわしています。

 生活にダイレクトに影響してくるので、
 風邪には気を付けていますです、ハイ(−−;

スポンサーリンク

タグ:森山晋平
posted by ササキマコト at 13:00 | ビジネス書