ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた/犬飼ターボ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


不労所得を手に入れるためにはどうしたらいいの?人生の師に学び、成功者への入り口に立ったあの日から6年後、主人公の卓也は身内からの予期せぬ裏切りに遭う。そこで手を差し伸べてくれた2人の救世主によって卓也の人生はまたも大きく変わっていき―。前作『CHANCE』の世界を更に大きく広げ、資産を築く方法「不労所得」についてわかりやすくレクチャーした、感動の「ハッピー&サクセス」小説。



◆感想


 『チャンス―成功者がくれた運命の鍵』の続編です。
 中身は自己啓発書ですが、小説仕立てになっていたので読んでみました。

 まず、主人公の転げ落ちっぷりが典型的で笑いました。
 様式美のような展開です。

 そこからの復活も割とご都合主義であっさりでしたが、
 確か前作もそんな感じでしたからね。
 気にしちゃいけません。

 個人的に「なるほど!そうか!」みたいな新しい発見はありませんでしたが
 モチベーションを上げるのには役立ちました。

 これを読んだおかげで、いつもより少しだけ
 「キリッ(−−)☆」とした気分になっています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、このブログでは何回か書いていますが、
 2020年のテーマを「いんぐりっしゅ2020」に設定して、
 英語に触れる機会を意識的に増やしています。

 とはいえ、実際にやっていることは

 ・英語のマンガを読む
 ・英語でゲームをやる
 ・洋楽を聞く

 くらいです。
 気休め程度なので、英語力自体は、
 そこまで伸びていないと思っていました。

 ですが、ちゃんと効果はあったようです(−−)☆

 昨日、久しぶりに英語の迷惑メールが届いたのですけどね。

 内容が分かった!\(≧▽≦)/

 まず英語で書かれたメールを最後まで読んだのが素晴らしいですね。
 去年の私だったら、1行目を見た時点で諦めていましたよ。

 さらに、なんとなくですが内容を把握できたのも素晴らしい!
 着実に成長していますね(−−)☆

 そんな感じで自分の成長を感じられて嬉しかったのですが、
 迷惑メールは迷惑メールなのでゴミ箱に放り込んで受信拒否しておきました。

 クソみたいなメールで私の時間を浪費しやがって (  ̄д ̄)、ペッ

スポンサーリンク

タグ:犬飼ターボ
posted by ササキマコト at 10:00 | ビジネス書

世界一の職人が教える仕事がおもしろくなる発想法/岡野雅行

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


痛くない注射針も、携帯やエコカーの普及も、この「頭の使い方」が決め手になった!…同じ努力で結果が変わるホンモノの仕事術。



◆感想


 「痛くない注射針」を作った岡野工業株式会社を経営していた岡野雅行さんの本です。
 このおっちゃん、結構好きなのですが、
 後継者がいなくて廃業しちゃったみたいですね(´・ω・`)

 タイトルは、あまり気にする必要ありません。
 書かれていることは岡野雅行さんの人生訓とかそんな感じです。
 講演を聞いているような気分になれる内容でした。

 「岡野雅行って誰?」な人は読んでも楽しめないかもしれません。
 岡野雅行さんのことを知っていて好きな人は楽しめるはずです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、6月に入りましたね。

 毎月のことではあるのですが、
 月初めは「よっしゃ!今月は頑張るぞ!」となります。

 それが時間経過と共に徐々にだらけてきて、
 月末が近くなると「終わり良ければ総て良し!頑張るぞ!」と気合を入れ直すのが
 毎月のパターンです。

 ということで、今は、やる気の神様がメッチャ張り切っています。

 やる気の神様が飽きてどこかに遊びに行ってしまう前に
 できる限り物事を進めておきます(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:02 | ビジネス書

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉/七尾与史

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ドラマ化・シリーズ50万部のベストセラー『ドS刑事』が言葉集に!仕事・人生に悩んだあなたを鞭打つ100の言葉。ショートストーリーも収録!



◆感想


 小説『ドS刑事』シリーズの主人公・マヤさんが、
 こちらに向けて罵り口調で語り掛けてきます。
 代官様(小説の登場人物・マヤさんの相棒役)の気分を味わいながら
 自己啓発的な内容を学べるはずです。

 小説を読んでいなくても内容自体はつかめますが、
 本当の意味で楽しむためには先に小説を読んでおいた方が良いでしょう。
 一作だけでも読んでから本書を読むことをオススメします。

 書いてある内容だけ見ると普通の自己啓発書ですが、
 コンセプトが面白かったです。
 小説の読者をビジネス書に引き込んで、
 なおかつ楽しませる工夫がいっぱいでした。

 そんな感じで比較的満足できているのですが、
 1つだけ大きな不満があります。
 よく考えたら、私が小説のシリーズを追うのを止めたのも、
 その不満が大きかったからでした。

 私が本書(というか小説のシリーズ)に感じている不満(−−)b
 それは

 マヤさんは「ドS」じゃねぇ!ただの「ツンデレ」だ!

 です。

 女王様気質ではあるのでしょうが、
 そこまで「ドS」じゃない気がしたんですよね(−−ゞ
 そこら辺がモヤモヤしたので、小説は追うのを止めました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくら「唐猫庭院」という中国の飲食店の動画を見ましてね。
 ビールの栓抜きやお茶を注ぐといった動作が見事にエンタメに昇華されていて
 「この仕組みを考えた人は、すげーなぁ(−−;」となりました。

 元はTikTokみたいですが、Youtubeとかにも動画があがっています。
 気が向いた方は「唐猫庭院」で検索して見てみてください。

 栓を開けるついでにお客さまの料理を勝手に食べていたり、
 足をかけるときにミスってズルってなっていたり、
 バラエティ豊かで時間を忘れて見入ってしまいました。

スポンサーリンク

タグ:七尾与史
posted by ササキマコト at 05:38 | ビジネス書