あたりまえのアダムス/ロバート・アップデグラフ

◆本の内容


広告業界で働く彼は「あたりまえのアダムス」と呼ばれた。彼がするのは「あたりまえ」のことばかり。特別なことは何もしない。しかし平凡な彼は非凡な成果をあげ、人々は彼を称賛した。ビジネス寓話です。



◆感想


 どこかで名前を見かけて気になったのでAmazonさんで注文しました。
 届いてビックリ!
 えっ?
 こんなに薄いの?(−−;
 全部で100ページもありませんでした。

 ……(−−)

 あぁ、なるほど。
 これは『チーズはどこへ消えた?』系ですね。
 平凡な物語の中に含蓄に富んだ教えが詰まっています……多分。

 「あたりまえ」は「真理」や「本質」と読み替えると
 本書の内容がイメージできるはずです。

 別に突飛なことをする必要はありません。
 物事の本質を捕まえて、シンプルに問題を解決する、それが秘訣です。

 ……的なことが書いてあると私は解釈しました。
 他の人が読むと他の解釈になるかもしれません。

 ちなみに、Amazonさんの評価とかを見ると「伝説」の本みたいです。
 だから定価が1,000円なのに2,000円とかで売ってるのですね(−ε−)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、めりーくりすまーす!

 ……と大騒ぎするほどクリスマス気分でもありませんが(−−ゞ
 平日だし。
 ケーキは昨日食べたし。
 ごくごく普通の日常になりそうです(−−)

 今日はコタツでゴロゴロしよっと(*´ェ`*)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:02 | ビジネス書

意識が変わる物語 心のカップを空にせよ!/ロビン・シャーマ

◆本の内容


不摂生がたたり法廷で倒れた敏腕弁護士は人生の本質を掴んで戻ってきた。チベットの山中で古来の賢人の知恵を学んで戻ってきた彼は、後輩弁護士である「ぼく」に自分の人生を生きるために必要な7つの教えを授けてくれた。物語形式……というか会話形式の自己啓発書です。



◆感想


 読み始めて、すぐに「あれ(−−?どこかで読んだような……」と思いました。
 もしかして過去に読んだことがあったかな?(−−;

 自分の過去の読書履歴を振り返ってみました。
 ふむふむ(−−)

 多分、同じ人が書いた『幸せなリーダーになる8つの習慣』と
 シチュエーションや内容が被っているのだと思います。
 ということは、この本自体は読んだことがないな。
 せーふ。

 内容はチベットで生まれ変わった先輩弁護士が
 後輩弁護士に自分の学びを伝える話です。
 「物語」といいつつ、ほとんど「会話」で話が進みます。
 物語的な面白さは皆無ですね。

 この本を読んで自分の糧にできるかは人によるでしょう。

 心を開いて素直な気持ちで読み進めることができれば
 主に「自分の生活を振り返る」という点で学びがあるはずです。

 「う〜ん、うさんくさいな〜(−−;」と感じたらアウトですね。
 途中でも読むのを止めた方が良いでしょう。

 私自身は「……(−−)」という感じでした。
 うなずける点も多々ありましたが、
 全体的なスピリチュアルな雰囲気が好みではありません。
 私の心のカップは半分くらいしか空になっていなかったようです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、世間もクリスマス・年末モードです。
 この時期になるとですね。

 スーパーが、ぼったくり価格になります(−公−;

 お惣菜とか、入れ物と中身の量がちょっと変わっただけで
 お値段がドーン!と跳ね上がっていたりしますからね。

 数の子のわさび漬けとかローストビーフとか
 日本酒やビールのおつまみに良さそうな物たちも
 おせちとかクリスマスな仕様で、お値段がドーン!と跳ね上がっていたりします。

 買えないわけではないけど
 買うのを躊躇する価格設定です。

 たけーよ(−−;

 ということで、今年の年越しはアレで行きます。

 カレー(−−)b

 日持ちもするし、良いんじゃないかな(*´ェ`*)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 13:33 | ビジネス書

修造部長 もし松岡修造があなたの上司になったら

◆本の内容


彼が訪れた国は気温が上がる。そんな噂があるくらい熱い男・松岡修造が、もしサラリーマンをやったら?松岡修造が友人を助けるために10週間限定で、とある製造会社の営業部長を務めるビジネス小説です。



◆感想


 『課長島耕作』ならぬ「部長松岡修造」ですね。
 ifな世界観のビジネス小説です。
 普通に小説として成立していました。

 ビジネス書的な要素もないわけではありませんが、
 あまりビジネス書と捉えない方が楽しめるはずです。

 「もし松岡修造が一般企業で働いたら、どうなるかね?」な物語を通して
 松岡修造の持つ「熱」を貰えば良いと思います。

 個人的な印象は、松岡修造ファンに向けた二次創さk……ごほごほ(−q−)
 そんな感じです(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、12月も折り返して2017年も残り2週間です!
 今日は年末年始に向けて……楽天とかAmazonさんで
 本を大人買いします(*´ェ`*)

 今年の年末年始は、お家に引きこもって
 読書ざんまいな生活を送ろうかと思っています。

 2017年もそこそこ頑張った自分へのご褒美ですね。
 俺、今年の年末年始もぐーたらするんだっ(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:40 | ビジネス書