きみのお金は誰のため: ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」/田内学

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ある大雨の日、中学2 年生の優斗は、ひょんなことで知り合った投資銀行勤務の七海とともに、謎めいた屋敷へと入っていく。そこにはボスと呼ばれる大富豪が住んでおり、「この建物の本当の価値がわかる人に屋敷をわたす」と告げられる。その日からボスによる「お金の正体」と「社会のしくみ」についての講義が始まる 。



◆感想


 本屋さんで見かけて、物語形式っぽいので読んでみました。
 「ちょっと微妙かな(−−ゞ」と思う部分もありましたが、
 全体としては面白く読めました。

 お金の本質について分かりやすく説明してくれている本です。
 「お金って大事だよね!」と思う人は読んでみても良いと思います。
 お金には価値がないらしいですよ。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、引っ越しを機に家電をいろいろ買い替えました。
 20年以上使っていた電気ポットも買い替えたのですが、
 新しく買ったやつは入れたお湯の量を表示してくれる機能がついていたのです。
 ほえー、ハイテクですね。

 せっかくなので、インスタントのカフェオレを飲むときに、
 説明書きに書いてある量(160ml)をキッチリ測って入れてみました。
 ちなみに、いつもは目分量というかマグカップの縁ギリギリまでお湯を入れています。

 結果(−−)b

 いつも入れている量の半分くらいでした(−−;
 160mlって、こんなに少なかったのか。。

 どうやら私が使っているマグカップは300mlくらい入るみたいです。
 160ml用の粉を300mlのお湯で割っていたということは
 だいぶ薄めに作っちゃっていたのですね。

 ……(−−)

 別に良いかな、美味しく飲めているし(−−ゞ

 ということで、引き続き、160ml用の粉を300mlのお湯で割る生活が続きます。

スポンサーリンク

タグ:田内学
posted by ササキマコト at 21:21 | ビジネス書

与える人になりなさい じいちゃんと僕たちの、フルーツサンド行進曲/大山皓生

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


悩んだとき、立ち止まったとき、じいちゃんはいつも笑顔で教えてくれた──社長になった瞬間に3000万円の負債を背負うも、祖父の教えをもとに、家族や仲間たちと試行錯誤を繰り返しながら、他に類を見ないフルーツサンドなどを開発し、年商が10倍にまで成長!仕事、家族、人間関係、将来像など、生きていくうえで大切な考え方が詰まった一冊。読み終えた瞬間、今よりもきっと生き方が前向きになります。



◆感想


 物語形式っぽい感じだったので手に取りました。
 実際には自伝みたいですね。

 この手の本は内容以前に「どうせ宣伝目的でしょ?」と思っちゃうので、
 あまり好きではなかったりします。
 なんで、わざわざ、こっちがお金を出して宣伝されないといかんのよ(−−;

 ということで、個人的には「ふーん(−−)」という感じでしたが、
 著者に興味のある方が読めば、きっと楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、勢いで買ったドラム式洗濯機が本日、お家に届きました。
 これで明日からは、お家で洗濯ができます。
 えへへ(*´ェ`*)

 気持ち的にはまだ全然落ち着きませんが、
 状況は少しずつ落ち着いてきました。
 旧居の残作業は9日に不用品回収業者さんに不用品を回収していただくのと
 23日に鍵を返すくらいです。

 新居の方も暮らす上で必要な物はほぼほぼ揃ったので、
 あとは慣れの問題ですかね。
 これで、やっと少しは集中してパソコンさんをペチペチする時間を取れそうです。
 いろいろ後回しにしていたのが山積みなので頑張って消化しまっす(−−;

スポンサーリンク

タグ:大山皓生
posted by ササキマコト at 17:55 | ビジネス書

そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル/永井孝尚

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


温泉旅館で働く新人・諸星明は、衰退する温泉郷の立て直しに挑戦する。しかし周囲は無関心。過去の成功体験が忘れられない反対派もいる逆風のなか、諸星と数人の仲間で始めた「ディズニーを超える」という挑戦は、「売れない時代」の新しいビジネスモデルを創りあげていく―。長野県阿智村で実際に起きた実話に基づくビジネス物語。



◆感想


 物語形式なので読みやすかったです。
 実話をベースにしているせいか物語的な面白さは微妙でしたが、
 それはあくまで小説としての面白さで、
 自分の身に置き換えて、いろいろ考えるきっかけにできました。

 何か新しいことを始めようと思っている人は
 読んでみても良いと思います。
 何を学べるかはその人次第ですが、
 少なくともモチベーションは上がるはずです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ついに拠点を新居に移しました。
 理由はベッドが設置されたからです。

 ちなみに、こちらが寝室の様子ですφ(−−)

DSC_4180.JPG

 ベッドはクイーンサイズです。

 ついでに、こちらが現在の仕事場の様子ですφ(−−)

DSC_4185.JPG

 机は(まだ)段ボールです。

 お仕事はパソコン1台あればできますが、
 快適な睡眠のためにはいろいろ必要なのです。

スポンサーリンク

タグ:永井孝尚
posted by ササキマコト at 15:35 | ビジネス書