Q.「仕事ができない」「容姿もさえない」「彼女いない歴=年齢」の男性に1ヵ月で彼女を作ってください。/竹内謙礼

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


どう考えても売れない商品をヒット商品に変えろ!!この1冊でマーケティングの基本原則(SWOT分析、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング、4Pなど)がすべて学べる!



◆感想


 タイトルが面白そうだったのとストーリー形式らしいので読んでみました。

 感想は、一言で言うと「詰め込んだなぁ(−−;」です。

 「マーケティングをやるなら、これくらいは知らないとね」な基本が
 山盛り詰め込まれています。
 本書で出てきた内容を全て理解できたら、
 マーケティング初心者は卒業なのではないでしょうか。

 一方、説明が駆け足気味なので、一度で全てを理解するのは難しいと思います。
 本書で大事そうなキーワードを拾ったら、
 他の本とかインターネットとかで情報を補完した方が良いかもしれません。

 また、ストーリーが「あってなきが如し」です。
 おまけ程度に物語が進行しますが、基本的には講義形式でした。

 「モテない男をマーケティングする」というコンセプトは面白かったのですが、
 ストーリー形式なら物語的な面白さも少しは欲しかったです。

 ビジネス書を読みなれていない人に向けた配慮なのかもしれませんが、
 個人的には、ストーリー形式にした効果は薄いと感じました。

 私は

 1.物語的な面白さも期待して読んだ
 2.マーケティングの基本用語は既に(ある程度)知っていた

 の2つの理由でイマイチに感じましたが、
 初心者がマーケティングの勉強を始める取っ掛かりにするのには良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、すき家の「ニンニクの芽牛丼」が好きなのですが
 その姉妹品で「牛丼トリプルニンニクMIX」なる物が売っていたので食べてみました。

 凄かったです(−−;

 なんとですね。
 ニンニクの芽牛丼だと主役なニンニクの芽と肉が脇役になっているのです。

 代わりの主役は……もちろんニンニクです。
 一口食べると、ニンニクの芽も含めたニンニク族が口の中で暴れまわります。
 食べた人は分かると思いますが、ニンニクの口直しに肉があるような感じでした。
 これは「牛丼」では、ありません。
 牛肉をトッピングした「ニンニク丼」です。

 ちなみに、食べ終わった後は、口の中がヒリヒリになります。
 辛いのが苦手な人には厳しいかもしれません。

 個人的には満足できる美味しさでしたけどね(*´ェ`*)
 明日にでも早速リピートします。

 ニンニク好きなら1度は食べておいた方が良い品です(−−)b
 ニンニク好きでないなら……無理しない方が良いと思います(−−;(笑)

 あと、人と会う予定があるなら避けた方が無難です。
 私は持ち帰りで買ったのですが、お家に帰る途中の道路を歩いているときでも
 袋の中からニンニクのにおいがプンプンしているのが分かりました。
 それくらい、いろいろな意味でパワフルです。

 いや〜、それにしても、すき家さんも尖った品を出してきましたね。
 私的には、かなり高評価です。

スポンサーリンク

タグ:竹内謙礼
posted by ササキマコト at 05:21 | ビジネス書

大人も知らない夢の見つけ方 女子高生と魔法のノート/角谷ケンイチ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


紫藤結月はダンスに夢中な高校2年生。将来、何をするかは決まっていないけれど、親から受験勉強に専念するように責め立てられている。そんなある日、ダンス部では3年生と1年生が対立して一触即発の危機、結月も巻き込まれて大変なことに。悩む結月の前に現れたのは…。夢の見つけ方・叶え方を教えてくれる感動の物語。



◆感想


 中身は基本的に小説でした。
 ビジネス書っぽい部分はブルーベリーの妖精が語る内容だけで
 欄外の解説も一切ありません。
 ビジネス書(自己啓発書)に馴染みがない方でも
 抵抗感なく読めると思います。

 一方、ビジネス書が好きな方からすると
 物足りなく感じるかもしれません。
 文章量に対して、自己啓発的な内容の割合は多くなかったです。

 個人的には、説教臭くなくて良かったです。
 軽く読めて、モチベーションアップに役立ちました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか無性に豚肉の生姜焼きが食べたくなったので
 自分で作ってみることにしました。

 お肉は生姜焼き用の肉がお高めだったので豚こま?かな?にします。
 同じ豚肉だし、いけるっしょ!

 玉ねぎは切るのが面倒だから
 オニオンサラダ用ので、いーや。
 ちょっと薄切りだけど、きっと味がよく染み込むでしょ!

 生姜は途中ですりおろすのが疲れたから
 残りは薄切りにして入れちゃいます。
 具だよ!具!ぶたぶたさんもやってたし!

 味付けは醤油をドバドバっとかけて……あとは?
 えっ!?酒?みりん?
 そんなのないよ。
 ……麺つゆで、いーや。
 麺つゆ万能!

 そんな感じでやってみたのですが……美味い!(≧▽≦)

 なんだ、この美味さは!
 ご飯が止まらない!

 味付けが、めっちゃ濃かったです(ノ∀`)

 でも、美味しかったのは本当です。
 何気に、ちゃんと豚肉の生姜焼きっぽい味で満足できました(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 05:35 | ビジネス書

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神/水野敬也

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


自分、今の生き方やったら死ぬときめっちゃ後悔するで。



◆感想


 相変わらずシリアスとギャグの切り替えが激しくて
 ジェットコースター(ド・ドドンパ)みたいな作品でした。
 基本的な構成やノリは前作までと同じです。
 前作までを楽しめた方なら、本作も楽しめるはずです。

 本作単体でも普通に読めますが、可能であれば刊行順に読んであげてください。
 微妙にネタバレしてしまいますが、本作で出てくる死神は
 『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』で出てきた死神です。
 それを知った状態で読んだ方が笑えると思います。

 あと、本作のテーマは「死」です。
 また、夢を「かなえる」だけではなく
 「手放す」ことについても触れられています。

 個人的には、頷ける部分も頷けない部分もありましたが、
 全体としては楽しめました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、楽天ブックスさんで新刊を10冊くらいまとめ買いしました。
 1日、2日で届くし、便利ですね。
 欲しい物が決まっているときは、オンライン通販の便利さがありがたいです。

 一方で、オンラインだと「意外な出会い」的なやつが少ないのですよね(−−ゞ

 実際の本屋さんだと、POPや表紙などが目の隅に引っかかって「む!」となったり、
 ふらっと寄った新刊コーナーで「おっ!この著者の新刊が出てる!」となったり、
 面白そうな本があったときに少し立ち読みして買うか買わないか決められたり、
 宝探し的なワクワク感があります。

 ということで、新型コロナが流行り出してからは
 オンラインショップで買う頻度が上がっていますが、
 実際には、新刊は本屋さんで買いたい派だったりします。

 実店舗の書店経営は厳しいらしいですが、
 なんとか頑張ってもらいたいものです。

スポンサーリンク

タグ:水野敬也
posted by ササキマコト at 04:59 | ビジネス書