働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」/川添愛、花松あゆみ

◆本の内容


イタチ村のイタチたちが「こちらの言うことが何でも分かって何でもできるロボット」を作ろうとする(けど他の村にガンガン迷惑をかけまくる)寓話を通して、言葉によるコミュニケーションの奥深さと言葉が分かるロボットを作ることの難しさを学べる本です。寓話と解説で構成されています。



◆感想


 まず、イタチたちにウケました。
 本質的にはグータラでアホな怠け者なのですけどね。
 「楽をするためなら、どんな苦労も厭わない」感が垣間見えて少し好感が持てました。
 あと、ちょっと調子に乗りやすいところとか笑えます(笑)

 さて、そんなイタチさんが「言葉の分かるロボット」を作ろうとするわけですが……。

 いや〜奥深いですね。
 我々が当たり前にやっている言葉によるコミュニケーションのスゴさと
 人間という存在の柔軟さを認識させてくれます。

 それに伴い、それを機械で再現することの難しさ、
 課題の多さも感じさせてくれました。

 今では声で指示を出せる機械も少なくありません。
 スマホなんかにも音声認識であれやこれやできるサポートプログラムが付いています。

 本書を読むことで、それらの機能にどれだけの技術が詰め込まれているのか、
 なんとなくですが感じられるようになると思います。

 ……というのが本書の感想です。

 さて、ここ数日「人工知能の触りだけでも学んでおくか」と思い、
 できるだけ読みやすそうな本を5冊ほど読んでみました。
 その結果、私の中で特に「なるほどな〜」と感じたことは

 1.一口に「人工知能」と言っても学問的な分野は幅広い
 2.人によって言ってることが違う
 3.ディープラーニングはスゴい!……けど万能ではない

 の3つです。
 もちろん他にもありますけどね。
 大きなところでは、その3つです。

 ちなみに2は補足が必要だと思うので補足しておきます。

 今は3回目の人工知能ブームらしいのですが、ディープラーニングのお陰で、
 なんかスゴイことが起こりそうな気分になっている人も少なくないらしくてですね。

 その結果「よっしゃ!これからスゴいことになるぞ!」なイケイケドンドンな人と
 「いやいや、でも、まだまだ課題は多いっしょ」な石橋を叩く派な人で
 若干の温度差が出てきているようです。

 そんでもって、イケイケドンドンな人が書いた本と
 石橋を叩く派な人が書いた本では題材の切り取り方や
 今後の影響に対する解釈の仕方が違ったりしてですね。

 そこら辺を踏まえて情報を集めないと混乱しそうな気がしました。

 あくまでド素人が本を数冊読んだだけの印象ですが
 一般的に「人工知能」と呼ばれる何かに関しては
 「スゴい前進した気もするけど、まだまだ先は長い」状況なのかな?と思いました。

 個人的には、まだまだ先が長そうにも思えましたけどね。
 コンピュータ関連は短い期間で劇的に変わったりもするので、
 今後の展開が楽しみです。

 ってな感じで、人工知能の触りの勉強は終わり\(−−)/
 もう少し中身に踏み込んで勉強するかは今後の気分で決めます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙に身体がダルいです( ̄〜 ̄)
 これは風邪の前触れ?!Σ( ̄◇ ̄;

 ……という気もするのですが、単に疲れが溜まっているだけにも、
 あるいは睡眠時間が足りてないだけにも思えます。

 よく分からん(−−ゞ

 こんなときはアレですね。
 とりあえず、しこたま寝てみる(−−)b

 風邪でも疲労でも睡眠不足でも寝て損はないはずです。

 そんな言い訳をして、今日は長めにお昼寝をすることにしました。

 それでは、おやすみなさいませ(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:54 | 資格・専門書

いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門/大西可奈子

◆本の内容


人工知能や機械学習、ディープラーニングについて、ド素人でもイメージしやすいように専門用語を(ほとんど)使わずに書かれている本です。



◆感想


 『トコトンやさしい人工知能の本』の一部を素人向けに噛み砕いたような内容でした。
 専門用語が少なく、身近な物を例に説明してくれているので
 とてもイメージしやすかったです。

 特に一番の収穫はディープラーニングについてでした。
 今まで「ディープラーニング」という単語を聞いたことはあっても
 中身については綺麗さっぱりこれっぽっちもイメージできていなかったのですよね。
 本書を読んで、触りの触りの触り程度ではありますが、
 何となくイメージできるようになりました。

 ある程度、勉強済みの人が読むには内容が薄すぎるでしょうけどね。
 人工知能の中身に興味を持った「ド素人」が読むには、とても良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、メインで使っているノートパソコンがぶっ壊れました(つд`)・°・。

 ……と思ったらバッテリーがいかれただけでした。
 あっぶねー(−−;A

 家に帰ってきたらバッテリーのランプがオレンジ色に点滅していましてね。
 その後あれやこれやをあれやこれやしたら、あれやこれやになって、
 修復なんちゃらをする羽目になりました。

 ……が、それは単なる私のミスです。
 本質的な問題はバッテリーがいかれただけでした。

 ということで、現在はバッテリーを取り外して使っています。
 コンセントに挿さないと動かないので持ち運びは難しいですが、
 まぁ、元々、コンセントに挿しっぱなしで使っていましたからね(−−ゞ

 よし、これで、まだまだ戦える(*´ェ`*)

 とはいえ、今のノートパソコンを買ったのは2010年の2月です。
 当時の最新版を買ったので今でも現役で使えてはいますが、
 何気に8年以上使っていますからね。
 そろそろ買い替えを考えた方が良いのかな〜と少し悩んでいます(−公−;

 でもな〜。
 使い勝手的には、これがベストなんだよな(−公−ゞ

スポンサーリンク

タグ:大西可奈子
posted by ササキマコト at 08:30 | 資格・専門書

トコトンやさしい人工知能の本

◆本の内容


人工知能に使われている基本的な技術や知識を中心に幅広く取り上げている本です。



◆感想


 良くも悪くも理系の人が書いた本といった印象でした。
 本来は、もっと、もっと難しい内容が易しく噛み砕いて書かれているとは思います。
 ただ……それでも、それなりに専門用語は出てきますし
 論理的な思考が必要になるアルゴリズムの解説なんかも載っています。

 いわば、人工知能という「学問」を学びたい初心者向けの本ですね。
 ちょっと違いますが、子ども向けに書かれた理科の本みたいなものです。

 文系の人が「人工知能って最近よく聞くけど何だろ?」な浅い興味で本書を読むのは
 少しだけハードルが高いかもしれません。

 「よし!将来、自分は人工知能の研究をするぞ!」と熱い志を持っているけど
 実際には、ほとんど何も知らない理系の人が読むには良いと思います。

 人工知能の中身、例えば「なんでネコの画像を識別できるの?」に興味がある人は
 本書を読んでも楽しめるでしょう。
 「将来、人工知能に仕事を奪われたりしないのかな?」に興味がある人は
 他の本を読んだ方が良いと思います。

 個人的には「人工知能の中身って、どんなの?」よりも
 「人工知能によって世の中は、どうなるの?」に対する興味の方が強いので
 少しだけ読んでて眠くなりました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、十数年ぶりに健康診断に行ってきました。

 市から「おまえ、そろそろ健康診断を受けろよ。安くしとくからさ」と
 案内が来ていましてね。
 華麗にスルーしていたのですが、期限間近になって
 「やっぱ、行っておいた方が良いかな(−−ゞ」と思ったので
 髪を切るために外出したついでに行ってきました。

 結果は2週間後に分かるそうなのでドキドキしながら待っています。

 ……が、とりあえず血圧が110の70になってました\(≧▽≦)/
 高校生のときは確か90の60とかでしたからね。
 測るときの状況とかで数値がブレるのは知っていますが、
 それでも良い感じになっているのではないでしょうか。

 ……(−−)

 「低血圧なので朝は弱いのですよ。打ち合わせは午後からでお願いします」って
 言えなくなっちゃいました(つ_−)

 仕方がありませんね(−−ゞ
 次からは「朝は眠いので打ち合わせは午後からでお願いします」と言うことにします。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:32 | 資格・専門書