Constitution Girls 日本国憲法/森田優子

◆本の内容


「もしも日本国憲法が女の子になったら?」左のページに擬人化された萌えイラスト、右のページに文章による憲法の解説が載っています。イラストに騙されそうになりますが、中身は至極真っ当でした。



◆感想


 擬人化された萌えイラストに騙されそうになりました。
 取っ付きやすさ重視の色物系かと思ったのですが、中身は至極まとも。
 文章部分の解説は社会の教科書のようです。

 それに対してイラストの方は一枚絵でざくっと条文の内容を魅せています。
 パッと見で大雑把な雰囲気を掴めるので、意外と学習の助けになりそうですね。
 少なくともこのイラストが「なんか難しそう」な雰囲気を軽減しているのは
 間違いないと思います。

 うん、私は萌え系イラストには興味無いですがアレですね。
 30条ちゃんにそんなん言われたら、おぃちゃん税金払っちゃうよ〜(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、唐突に始まって突然終わる日常の疑問シリーズ、今回のお題は

 何故ちくわは真ん中に穴が開いているのか?

 です。
 いや〜、前々から不思議だったのですよね。
 あの穴。
 あれはなんで開いているのでしょうね?

 う〜ん(−公−;

 穴が開いていないと笹かまと間違えるから?

 いやいや、別に形を見れば分かるし。

 う〜ん(−公−;

 何かを詰めるため?

 あの穴には意外といろいろ入りますからね。
 チーズを詰めても良し、キュウリを詰めても良し、
 ちょっと変わったところでは辛子明太子を詰めても良しです。
 やっべ、お腹減ったきた(*´ェ`*)

 うん、これで行きましょう。

 Q.
 何故ちくわは真ん中に穴が開いているのか?

 A.
 夢と希望とちょっとした食材を詰めるため。

 スッキリ?\(−−)/

 ちなみにこれっぽっちも調べていないので、まったく根拠はありません。

スポンサーリンク

タグ:森田優子
posted by ササキマコト at 09:28 | 資格・専門書

漫画・あらゆる領収書は経費で落とせる/大村大次郎

◆本の内容


マンガです。コンビニ弁当やお家にあるテレビを経費にしちゃう方法などが解説されています。後半には愛人へのお小遣いを経費にしちゃう裏ワザ?も載っていましたよ。



◆感想


 誤解を恐れず言えば、内容が薄いです。
 前半は経営者や事業主であればほぼ当たり前に知っていること、
 かつ「そこまで上手くはいかんのでは……(^^;」と感じる内容でした。

 後半は一転して、愛人に買ってあげたマンションを経費にする方法とかそんなお話。
 息抜き用のウケ狙いですかね?

 いずれにしろ触りの部分しか書かれていませんので、
 生兵法で実践しようとすると痛い目にあうでしょう。
 この本を読んで興味が湧いた方は、他の本で補完することをオススメします。

 余談ですが、サラリーマン感覚の「経費」と事業者感覚の「経費」は別物です。
 その違いを理解しないで脱サラすると痛い目にあうのでご注意ください。
 いくら経費だって出費には違いないのです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、唐突に始まって突然終わる日常の疑問シリーズ、今回のお題は

 何故蚊に刺されると痒くなるのか?

 です。
 昨日は暑かったので窓を開けて寝たのですが、
 起きたときには、いろんな所が痒くなっていました。

 これはなんでなんでしょうね?

 う〜ん(−公−;

 「血、吸ったどー\(−O−)/」のアピールのため?
 
 リスクをかいくぐり人間の血を吸ったのに
 人間側が血を吸われたことに気づかなかったら
 蚊としては物足りないのではないでしょうか。

 あなただって苦労してやり遂げた仕事が
 誰にも気づいてもらえなかったら寂しいですよね。

 「ほらほら、血を吸ったんだよ。おまえの負けだよ」と
 人間に向けてアピールするために痒くするんじゃないですかね。

 うん、絶対違うけどいーや。
 これで行きましょう。

 Q.
 何故蚊に刺されると痒くなるのか?

 A.
 蚊のやろーが自分の存在をアピールしてくるから。

 スッキリ?\(−−)/

 ちなみにこれっぽっちも調べていないので、まったく根拠はありません。

スポンサーリンク

タグ:大村大次郎
posted by ササキマコト at 09:56 | 資格・専門書

ITの専門知識を素人に教える技/開米瑞浩、森川滋之

◆本の内容


教え方にはコツがある。
題材はITですが、分野を問わず講師を目指す方や企業内の教育担当者向けです。
ティーチングの仕方について、全体的な流れやちょっとしたコツなどを実例付きで解説しています。
300ページ弱の本ですが、前半の150ページ弱で理論を学び、後半の150ページ弱でそれを実践したケーススタディを読む構成になっています。



◆感想


 読みたかったのとはちょっと違いましたが有意義でした。
 素材としてITを用いていますが、内容自体は一般的です。
 講師や教育担当者の立場で「人に教える」ときに
 押さえておくべきポイントが学べると思います。

 私自身は「ITの専門用語を噛み砕いて説明するコツ」を学ぶ目的で手に取ったので
 本来の目的から言えば期待外れな内容でしたけどね。
 期待とは違う部分で勉強になりました。

 本のタイトルは「ITの専門知識を素人に教える技」ですが
 中身は「何らかの専門知識を未習得者に教える技(解説の題材はIT)」です。

 将来的に誰かに何かを教える立場になりたい人は
 読んでおいて損は無いと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、私は結構一人暮らしが長いので、家事はベテランです。
 料理と掃除は得意ではありませんが、洗濯は大得意。
 目分量で洗剤の量を見極めるのなんて朝飯前です。

 そんな洗濯大ベテランの私にまさかの事態が起きました。
 これは何かの陰謀でしょうか。

 なんと!

 ティッシュを洗濯してしまいました_| ̄|○

 洗濯物をどっちゃり抱えてぽいっと放り込んだときに
 紛れ込んだのでしょう。
 幸い残量が少なかったようなのでまだマシですが、
 それにしたって涙目です。

 何が涙目って……

 洗濯されたのが箱ティッシュだったこと_| ̄|○

 人生初の快挙です(−−)v

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:18 | 資格・専門書